H29年7月24日 <COC関連> COC+シンポジウム2017 大学間連携による地域ニーズを捉えたみやざき産業人材の育成


COC+シンポジウム2017 

大学間連携による地域ニーズを捉えたみやざき産業人材の育成

       

 

平成29年7月24日(月)、宮崎大学創立330記念交流会館コンベンションホールにて「COC+シンポジウム2017 大学間連携による地域ニーズを捉えたみやざき産業人材の育成」を開催し、195名の方々にご参加頂きました。

みやざきCOC+推進コーディネーター 西村勇より、COC+事業についての説明が行われました後、基調講演となりました。

基調講演では高知大学 受田浩之副学長から「地方創生に向けた高知大学の挑戦」というテーマでご講演頂きました。COC、COC+ともに刺激を受ける素晴らしいご講演でした。

その後、「地域の若者定着に向けて大学に求めること」というテーマの下、パネルディスカッションが行われました。宮崎県 県参事兼総合政策部次長 井出義哉氏、株式会社宮崎銀行 地方創生部長 国部直氏、ヤングJOBサポートみやざき チーフキャリアカウンセラー 三桝ひとみ氏、そして宮崎大学 國武久登副学長が登壇し、産学金管それぞれの立場からの率直な意見が出されました。

今回のシンポジウムでは、若者を地域に定着させるための課題と解決へのヒントが見えてきたと感じます。

今後も学生の地元定着に向けて、他大学高専、地域と共に連携した活動を続けて参ります。

ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。