H29年10月28日 <教育> 地域学入門Ⅱ(B)実習事前講義


地域学入門Ⅱ(B)実習事前講義

    

平成29年10月28日(土)、地域学入門Ⅱ(B)の実習事前講義が行われました。

今回の地域学入門Ⅱ(B)では、宮崎県高千穂町の土呂久地区にて調査が行われる予定となっております。

実習事前講義には、受講する3名の学生が集まりました。

そもそも地域学入門Ⅱで何を学ぶのか?何を目的としている講義なのか?という、講義自体の説明から始まり、今回の調査地区となっている土呂久地区の概要や歴史的背景の説明などを、ゆっくり時間をかけて行われました。

その後、丁寧にご準備頂いた土呂久についての資料を使い、現地調査でインタビューすべき内容をグループ討論にて考える作業も行いました。

土呂久の膨大な情報は、今回の講義だけでは読み込むことが厳しかったため、学生はそれぞれ持ち帰り、改めて現地調査の際に質問する内容を検討するとのことです。

これまでの地域学入門Ⅱの受講者より、はるかに少ない人数での調査になりますが、きっと充実した調査になるのではないかと思います。

土呂久での現地調査は11月25日(土)~26日(日)の1泊2日を予定しております。