H29年11月10日 <社会貢献> とっても元気!宮大チャレンジ・プログラム紹介 -もっと知ろう!観光地”都井岬”の野生動物調査プロジェクト-


とっても元気!宮大チャレンジ・プログラム紹介 -もっと知ろう!観光地”都井岬”の野生動物調査プロジェクト-

       

平成29年度とっても元気!宮大チャレンジ・プログラムに採択となった「もっと知ろう!観光地都井岬の野生動物調査プロジェクト」の紹介をいたします。

このプロジェクトでは、宮崎県串間市の都井岬にカメラを設置し、そこに生息する野生動物の種類を幅広く調査することを目的として活動されております。

メンバーは農学部畜産草地科学科 動物環境管理学研究室の3年生6名です。

都井岬と言えば、国の天然記念物である御崎馬(みさきうま)が有名で、全国各地から調査の方々などが訪れる観光地ですが、今回のプロジェクトでは、この御崎馬ではなく野生動物を調査対象としております。

敷地内に自動撮影カメラ(赤外線センサーで動物を感知して自動的にシャッターを切る)10台設置し、そこにどんな野生動物が生息しているのかを調査する予定です。 

この調査を始めるためには、まず串間市に調査の申請を行う必要があり、その許可が下り次第、敷地内に調査カメラの設置を開始する予定です。

現在はカメラ設置の場所の検討などを含め、数回都井岬に足を運んでいるそうです。

なかなか調査が始められず、もどかしい様子のプロジェクトリーダーでしたが、学生時代に行政の方々とやり取りできる貴重な経験だと思います。

11月中には具体的な調査が開始できる予定とのことです。

どんな野生動物が発見できるか楽しみですね!

「もっと知ろう!観光地都井岬の野生動物調査プロジェクト」の皆さん、頑張ってください!