H29年7月6日 <研究> フーズラボにて日本の食文化体験


フーズラボにて日本の食文化体験

        

平成29年7月6日(木)、みやだいCOCフーズサイエンスラボラトリー(フーズラボ)にて農学部グローバルコースの講義が行われました。

今年度は8名の留学生が日本の食文化を学ぶというテーマで、地域農畜水産加工実習室にて実習を行いました。

昨年度に引き続き、今年度も七夕の伝統的なお菓子である「索餅(さくべい)」改め※「宮餅(みやべい)」を作り、日本の文化を体験してもらいました。

素朴な味のお菓子なので、今年度はカラフルな色のホイップクリームを作り、それにつけながら試食しました。

このように地域の文化や伝統を体験してもらうことで、より日本、宮崎について興味を持ってもらえたのではないかと思います。

次回、留学生の皆さんが戻ってこられた時にも「宮餅」を覚えていてくれると嬉しいです。

(※宮崎で作る「索餅」ということで、今回の実習では「宮餅」と呼ぶことになりました。)