H29年8月10日 <研究> オープンキャンパス ラボツアー


オープンキャンパス ラボツアー

    

平成29年8月10日(木)11日(金祝)の2日間、宮崎大学のオープンキャンパスが開催されました。

1日目の本日、農学部応用生物科学科の紹介にて、各研究室を見学する「ラボツアー」が行われました。

その中で生徒と保護者合わせて約30名の方々が、みやだいCOCフーズサイエンスラボラトリー(以下フーズラボ)を訪れました。

今回はオープンキャンパスに参加した高校生を対象に、ある飲み物と緑茶パウダーを様々な割合でミックスさせ、どの割合までだったら市場に出しても売れるだろうか?という官能試験を行いました。

緑茶の割合が0%、10%、20%、50%、80%、100%の5種類を飲み比べ、それぞれ評価しました。

正式な官能評価のシステムでは行いませんでしたが、参加していた高校生のほとんどは、このような官能試験は初めての経験だったのではないかと思います。

このように、フーズラボでの活動で幅広い生徒の皆さんに「宮崎大学おもしろい」と感じて頂けると、大変嬉しく思います。

今後もこのような活動を継続して参ります。