H29年8月22日 <教育> 地域学入門Ⅱ(A) 現地調査実施-綾町-


地域学入門Ⅱ(A) 現地調査実施-綾町-

    

    

平成29年8月22日(火)より1泊2日で、地域学入門Ⅱ(A)の現地調査が綾町にて実施されました。

今回は24名の学生が7つのテーマに分かれてそれぞれ調査を行いました。

綾町の調査は今年度が初めてで、今までにはなかった『綾ならではのテーマ』を設定し調査することができました。

(※各グループの調査テーマはこちらから → 「H29年8月9日 地域学入門Ⅱ 実習事前講義」(別ページ))

テーマが特徴的であったため、様々な分野から20名以上の綾町の方々がご協力下さいました。

調査を終えた学生たちは、短時間で得た膨大な情報をどのようにまとめようかと苦労していましたが、時間いっぱい作業に取り組みました。

2日目に行った調査発表会には、前日の調査でお世話になった方々も会場に駆けつけて下さいました。

各発表後のコメントには、厳しい意見や、綾町の方々が気づいた改善点など多数ありましたが、どれも学生たちの発表を真剣に聞いてくださったからこそ出てきたものばかりで、大変嬉しく感じました。

「この学生さん全員、綾町に移住してくるのはどうでしょうか?」というご提案には、会場全体が笑顔になりました。

綾町の皆さんは「綾町には何もない。だからこそ何か行動しなくてはいけない。」という事をよく口にされておりました。

とても素晴らしい考え方だと感じました。

今回現地調査を行った学生たちも、この綾町ならではの精神に強い刺激を受けたのではないかと思います。

今回お世話になりました綾町の皆様、本当にありがとうございました。