H30年1月30日 <教育> 「第1回しろみ活性化作戦会議」(地域デザイン概論Ⅱ成果発表)実施


平成30年1月30日(火)、地域デザイン概論Ⅱの成果発表として、「第1回しろみ活性化作戦会議」が行われました。

課題の設定から、調査の実施、発表まで、学生が自主的に決定していく流れの中で開催されたこの会では、学生・教職員の他、西都市役所やかぐらの里(西都市)からも参加していただき、活発なディスカッションが展開されました。

受講学生は、西都市銀鏡地区での「人手不足」の課題を解決するために、人の動きの仕組みづくりを目指して効果的な情報発信のあり方を検討してきました。

「第1回しろみ活性化作戦会議」の名称は、授業の終わりに発表・提案して終わるのではなく、今後も活動を継続していくことが重要であるとの学生の想いから名付けられました。

第2回、第3回と、どのような展開をみせるのか楽しみです。

なお、本科目の受講学生は、この作戦会議に先立って1月23日(火)と25日(木)の地域学入門Ⅰ(A)・(B)において、マイスター初級科目を受講中の1年生向けにも発表を行いました。

1年生からは、「自分たちがこれからどんなことに取り組んでいくのかのイメージが具体的になった」「実際に、地域の課題の解決を考えるのは楽しそう」等の感想が寄せられました。