H30年3月23日 <教育> 地域インターンシップ(宮崎市役所)終了


 

 

H30.3月19日から23日まで、宮崎市役所で地域インターンシップが行われ、今回は3名の学生を受入れていただきました。
今回お世話になったのは、本庁舎3階にある「企画政策課」です。こちらは地方創生の推進に関すること全般が主な業務であり、地域志向を高める教育カリキュラムを受講中の彼らには、大変関連性のある部署です。

初日から、市の会議の準備・設営を手伝い、さらに参加するとのことでみなさん緊張されていたようでしたが、広い会場でたくさんの資料を丁寧に配布していました。会議が始まってからは、発言者に注目し、手元の資料でデータを見ながらいろいろと書き込んでいるようでした。
というのも、今回のインターンシップでは、地域創生の取り組み方について提案するという課題が設けられており、そのヒントになるポイントや意見も多くあったようです。

最終日にその発表が控えていたこともあり、職員の方々の話を聞いて、自分の発表内容を修正したり、学んだことをもとに新たな提案を思いついたりと、期間中は家に帰ってからも忙しくしていたようでした。
自分が住んでいるところについて、こんなに深く考えることはなかなか無い経験だったのではないでしょうか。

その甲斐もあり、発表の場では副市長やお世話になった職員の方の前で、思い思いに考えてきた内容を説明することができたそうです。
インターンシップを経て、地域の課題に対して問題意識を持ち、明確なビジョンをもって行動するためには、実際に地域に出て、現場の声に耳を傾ける事が必要だと強く感じたようでした。

将来、社会に出た時の自分の方向性が見えたと語る学生もいました。このようにインターンシップでは就業体験を通して、自分の適性や興味を見極められることも大きな利点です。
今回学んだことを踏まえて、若いみんながどのような社会人になっていくのか、楽しみです。

ご協力くださった宮崎市役所のみなさま、誠にありがとうございました!