組織体制


みやだいCOC事業組織体制

みやだいCOC事業は、地域を志向した教育、研究及び社会貢献を行い、本学における地(知)の拠点に整備に関する事業を総括し、本学独自の地域志向型一貫教育の構築とともに、地域に根差した魅力ある大学を実現することを目的とし、下記の組織体制を構築いたしました。

 

組織図

みやだいCOC推進機構
本機構は学長が中心となり県内及び大学内の機関が有機的に連携し、地域活性化へ向けた拠点となることを目指す組織です。
みやだいCOC推進協議会
みやだいCOC事業に関して中・長期的なスパンでのアドバイスや意見を頂くための組織です。
みやだいCOC推進機構運営委員会
本学の学長、副学長、COC推進室長、各学部コーディネーター、そして連携地域(宮崎県)から選出された委員で構成された組織です。COC事業に関しての決定権を持つ本運営委員会は、月に1回程度実施されます。
外部有識者評価委員会
当該事業に参画していない、民間、行政分野ならびに他大学の有識者に一般地域住民を加えた、外部有識者から構成される組織です。本評価委員会は、年1回を基本に開催されます。

pdca