最新情報

  • 全画面プリント

特定の神経細胞に働いて摂食を抑える新しい飽食ホルモンの発見について

学術情報 2017年08月29日掲載

このたび、東京大学大学院理学系研究科の飯野雄一教授らと本学フロンティア科学実験総合センター/産業動物防疫リサーチセンターの井田隆徳准教授らのグループは、国立循環器病研究センター、久留米大学との共同研究のもと、線虫より新たな生理活性ペプチドを発見し、LURY-1と命名しました。

今回線虫において、餌を取り込む咽頭という組織からLURY-1が飽食時に分泌されて特定の神経に作用し、摂食行動の抑制や産卵の促進など、餌に関係した行動を制御することが分かりました。

本研究は、LURY-1および類似ペプチドの働く仕組みを正確に解析した初めての成果で、摂食コントロールの破綻は生活習慣病など様々な疾病に結びつき、社会的に重要な課題です。今回の発見は線虫に限らず、ヒトも含めたすべての動物に共通な摂食制御のしくみの理解に役立つことが期待されます。

 

詳しくは【こちら】

最新情報一覧へ

ページトップへ