宮崎大学
ニュースリリース

みやざき木づかい県民会議が本学教育学部藤元嘉安教授へ「みやざき木づかい感謝状」を贈呈

2018年08月24日 掲載

20180824_01_02.jpg↑木製の感謝状

平成30年8月6日(月)、本学教育学部の藤元嘉安教授が、県産材普及・啓発への多大な貢献があったとしてみやざき木づかい県民会議(会長 河野俊嗣宮崎県知事)より感謝状が贈られ、平成30年8月17日(金)に学長報告を行った。

20180824_01_01.jpg↑左から添田教育学部長、池ノ上学長、藤元教授、坂元事務長

藤元教授は、木育サポーター等を対象とする講演・指導活動を行うとともに、木工チャレンジコンテスト宮崎県大会において、木材利用の意義について講演を行うなど、長年にわたり県民への県産材普及・啓発活動を続けており、平成29年度に宮崎県と連携して開催した「木育・森育楽会in宮崎」においては、「木育・森育楽会実行委員会」の委員長を務め、「義務教育と木育・森育~小中学校編(学校における木育の可能性)」をテーマとした問題別討論会において進行を勤めた。

研究に関しては、木材利用と地球環境保全との関わりを中心とする木育の実践及び普及に関する研究、ならびに県産木材の特性に応じた新しい木質材料の開発やその性能評価に関する研究を行うなど、宮崎県における木育及び木材利用の先導的役割を担っている。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH