宮崎大学
ニュースリリース

英語による茶道入門講座 " Way of Tea "を実施

2017年10月25日 掲載

20171025_01_04.jpg実際にお茶をたてる受講生

平成29年10月18日(水)、本学木花キャンパスにて、宮崎大学公開講座「English Introduction to the World of "Way of Tea"」を実施した。

本講座では、本学茶道部(指導者:図師宗京、部長:中村宇響)と同語学教育センター櫛山准教授が400年以上の歴史を持つ茶道の伝統に法り、亭主としてどのように茶をふるまうか、また客として菓子や茶をどのように賞味するかなどの作法を英語により説明し、裏千家青年部宮崎支部の濱田宗穂氏及び木村恵美子氏も同席した。

受講者は実際にお茶を提供する体験まで行い、茶道部員である台湾人留学生が指導にあたると、体験をした受講生からは「まさか外国人留学生に日本の茶道を教えてもらうとは」と驚きの感想が寄せられた。

今後は、外国人に対して茶道を英語で紹介できる人材の育成なども視野にいれて、講座を継続していく予定としている。

20171025_01_02.jpg

お菓子の戴き方の手本を見せる茶道部員

20171025_01_01.jpg

英語による説明を行う櫛山准教授

20171025_01_03.jpg受講生にお茶を提供する茶道部員

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH