宮崎大学
ニュースリリース

近畿大学リエゾンセンターと連携協定を締結

2016年09月30日 掲載

産学・地域連携センター(宮崎県宮崎市)と近畿大学リエゾンセンター(大阪府東大阪市)は、平成28年(2016年)9月13日(火)に連携協定を締結し、本学で調印式を行った。両大学ともに、他大学と産学連携分野に特化した連携協定を締結するのは今回が初めてである。

近年、産学連携活動による地方創生に注目が集まっているが、一般的に大学の研究は専門性が高く、産業界から寄せられる相談や共同研究にうまくマッチングしない場合もある。本学と近畿大学は、産学連携分野に特化した連携協定を結ぶことで、企業ニーズや研究シーズに関する情報を共有し、お互いに共同研究や技術移転等のマッチングの機会を増やしたいと考えている。また、農林水畜産業が盛んな宮崎、ものづくりの町である東大阪という相手側の地場産業と連携することで、新たな分野での共同研究を開拓し、地方創生に貢献することをめざしている。

【本協定のポイント】
● 宮崎大学と近畿大学が、産学連携分野に特化した連携協定を締結
● 企業ニーズや研究シーズを共有し、産学連携のマッチングの機会を増やす
● 相手側の地場産業を生かした共同研究によって地方創生に貢献

DSC_0029宗像惠 近畿大学リエゾンセンター長(中央左)と國武久登 産学・地域連携センター長(中央右)

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH