宮崎大学
ニュースリリース

医学部 佐藤克明教授が宮崎日日新聞賞を受賞

2016年10月27日 掲載

10月21日(金)、宮日会館において「第52回宮崎日日新聞賞贈呈式」が行われ、医学部の佐藤克明教授が「科学賞」を受賞した。

同賞は、宮崎日日新聞社が創刊25周年を記念して昭和40年に設定したもので、毎年、宮崎県の各分野で優れた功績を挙げ、県民の幸福や県政の発展に寄与した個人、団体に授与される。今年で52回目となる。

佐藤教授は、生体内に侵入した病原体を排除する免疫反応。その起点となる樹状細胞が過剰に活性化すると、正常な細胞を攻撃してしまう自己免疫疾患につながるとされる。樹状細胞の暴走がどう抑えられているか謎だったが、タンパク質の「Clec4A4」にその働きがあるとマウス実験で証明。対症療法しかない同疾患の予防や完治につながる可能性を広げた。

DSC_0084受賞した佐藤教授(左)
DSC_0097受賞者の集合写真

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH