宮崎大学
ニュースリリース

地域資源創成学部設置記念シンポジウム開催

2016年11月04日 掲載

本学は10月22日、地域資源創成学部設置記念シンポジウムを創立330記念交流会館で開催し、九州地区国立大学、県内の地方公共団体、学生の実習施設の関係者など約230名の参加があった。

シンポジウムでは、池ノ上克学長の挨拶の後、文部科学省の松尾泰樹大臣官房審議官(高等教育局担当)及び永山英也宮崎県総合政策部長から来賓挨拶があり、引き続き吉田雅彦地域資源創成学部長による学部紹介が行われた。

基調講演では、米良充典宮崎県商工会議所連合会会頭から「地域資源創成学部の使命」と題した講演が行われ、出席者が熱心に耳を傾けていた。

その後、地域資源創成学部の学生によるポスターセッションが行われ、シンポジウム参加者との交流を深めた。

最後に「異分野協働の可能性」と題して、宮崎日日新聞社の森耕一郎編集局次長をコーディネーターに迎え、学部教員によるパネルディスカッションが開催された。

パネルディスカッションでは、「新たな教育」「研究への挑戦」「地域との連携」の視点から、多様な分野の教員が在籍する新しい学部の可能性について、活発な討論が行われた。

写真1 池ノ上学長挨拶する池ノ上学長
写真2 松尾審議官挨拶する松尾審議官
写真3 シンポジウムの様子シンポジウムの様子

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH