宮崎大学
ニュースリリース

学生の学術研究活動及びボランティア活動に対し学長表彰

2017年02月10日 掲載

このたびの学長表彰は、学生の学術研究活動で医学部医学科6年小野村 仁美さんが2015年4月より開始した「肺癌悪液質における摂食関連分子の発現の解析」に関する研究内容が高い評価を受け、第56回日本呼吸器学会学術講演会(2016年4月)において「研修医トラベルアワード」を受賞した。

ボランティア活動で、宮崎ひまわりキャンプ実行委員会が平成28年11月8日にソロプチミスト日本財団より「平成28年度学生ボランティア賞」を受賞した。この実行委員会は、医学部の学生ボランティアにより平成25年12月に発足し、活動してきた。これまで、小児がん経験者のためのデイキャンプや交流会などの活動を通して、患者やその兄弟姉妹の交流等仲間作りの一助を担うとともに、小児がんの正しい知識を広く啓発してきたことが評価された。

このことに対し、その栄誉を称え1月27日に学生表彰式が行われ、池ノ上 克学長から表彰状と記念品が授与された。学長からは激励の言葉がかけられ、小野村さんと代表の前田央祐さんからは、表彰の謝意と今後も益々精進して行く旨の決意が述べられた。

DSC_0012記念撮影の様子

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH