宮崎大学
ニュースリリース

平成29年度「地域デザイン概論Ⅰ」ブルーベリー収穫実習実施

2017年07月10日 掲載

平成29年7月1日(土)、国富町のブルーベリー圃場((株)吉野土木リサイクルセンター内)にて、「地域デザイン概論Ⅰ」のブルーベリー収穫体験実習が行われた。

今回は國武先生(農学部)が担当される講義の実習で、ボランティアの学生や、宮崎県立本庄高校で「チームブルーベリー」として活動している2、3年生も参加した。

20170710_03.jpg▲当日の講義の様子

実際に宮崎の素材を活用して事業を行う企業での実習体験ということで、お茶専用に育てられたブルーベリー葉を手摘み収穫し、自分たちの手で製茶機に入れていった。実習の最後には、自分たちが収穫した葉で作ったブルーベリー葉茶の試飲も行った。

20170710_02.jpg

▲大学生、高校生のワーキンググループの様子

ブルーベリー葉の収穫後には、「『食』を通して新たな産業(商品)を創造する策を練る」というテーマで、ワークショップを実施。高校生、大学生、教員の混合グループに分かれ、それぞれアイディアを出し合い、グループごとに発表を行った。短時間のワークショップにも関わらず、魅力的な提案がされ、実際に講義を受けている学生には、ボランティアや高校生と一緒に活動することが良い刺激となった。

これらの貴重な体験を、今後の成長に活かすことが期待される。

20170710_03.jpg

▲当日の講義の様子

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH