宮崎大学
ニュースリリース

医学部医学科4年生 大立目さんが日本学生支援機構の平成29年度優秀学生顕彰 産業イノベーション・ベンチャー分野大賞を受賞

2018年02月08日 掲載

20180208_01_01.jpg医学部医学科4年生の大立目 真臣(おおたつめ まさおみ)さんが、病気などで発声できない人のために、パソコンやスマートフォンなどを通じて会話できる入力発話フィードバック支援ソフトを開発し、文部科学省や特許庁などが主催する「平成28年度パテントコンテスト」で優秀賞に選ばれた。そのことが高く評価され、日本学生支援機構の平成29年度優秀学生顕彰産業イノベーション・ベンチャー分野において大賞を受賞し、平成29年12月9日(土)、東京都千代田区のアルカディア市ヶ谷において、表彰式が行われた。

なお、このソフトは手話や筆談に代わる第3の方法として、誰でも簡単に使用できるものであり、すでに昨年7月に特許申請が行われている。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH