宮崎大学
ニュースリリース

『とっても元気!宮大チャレンジ・プログラム』表彰式を挙行

2018年03月29日 掲載

20180329_01_01.png↑宮崎大学は、平成30年3月15日(木)に、平成29年度『とっても元気!宮大チャレンジ・プログラム』表彰式を開催し、成果発表会にて高い評価を得た企画に対し、学長賞1件及び優秀賞2件が授与された。

本プログラムは、将来、社会でリーダーとしての活躍を期待される宮大生の企画、運営そして実施する能力を高めるとともに、学生ならではの自発的かつ積極的な活動を通して、本学から発信した活性化の波を広く地域につなげていくことを目的としている。これまで、教育・研究、地域交流、国際交流等などの学生の自由な発想に基づく意欲的な企画を支援してきた。過去に採択された企画の中には、社会貢献度が認められ「学生ボランティア賞」を受賞した企画や、アイディアが認められコンテストに入賞した企画など多数ある。

平成29年度は12件の企画が採択され、平成30年2月20日(火)に成果発表会を開催し、各企画が8ヶ月間活動して得られた成果をポスターセッション形式で発表した。学長賞には工学部環境ロボティクス学科の学生が実施したVRの技術を使い、まるで自分が動物の檻の中にいるような体験ができる仮想空間を作り出した企画「IoE in フェニックス動物園」が選ばれた。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH