宮崎大学
ニュースリリース

公開講座「フルマラソンを走ろう♪」を実施

2018年06月19日 掲載

20180619_01_02.jpg↑説明を行う谷口特別教授

平成30年6月9日(土)、平成29年10月に完成した地域デザイン棟(木花キャンパス)において、公開講座「フルマラソンを走ろう♪」を実施し、約40名が受講した。

本講座は、1992年のバルセロナオリンピックでは、給水時に後続選手に左足踵を踏まれ転倒し、シューズが脱げるというアクシデントに見舞われるも、8位入賞の谷口浩美特別教授(宮崎大学教育・学生支援センター)が務め、座学と実技を交えながら3回シリーズで、フルマラソン完走を目指す方を対象に実施。

20180619_01_01.jpg↑説明を行う武田教授

第1回目となる今回の講座では、武田龍一郎教授(安全衛生保健センター)から健康管理や暑い時期にランニングをするうえでの注意点などが説明され、続いて、講座の運営をサポートする同大学ランニング愛好会Will Clubメンバーから、宮崎県内のマラソン大会に関するスケジュールが説明されました。

その後、谷口特別教授より、生活習慣から見直すことを前提に、靴の選び方やトレーニング後のケアの重要性などについて説明があり、最後に眞喜志康樹氏(株式会社アプロード宮崎事業所カスタマーサポートセンターリーダー)から、6月20日よりエントリーが始まる青島太平洋マラソンのエントリー方法について詳細な説明があった。

次回は7月21日(土)、10月13日(土)に実施予定で、参加者が各自で定めた目標タイムを基にしたペースで10kmの距離をペースメーカー同伴で走りながら、谷口特別教授が直接指導をすることとしている。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH