宮崎大学
ニュースリリース

「ニュージーランド英語で聞くマオリの歴史・ことば・文化と スポーツコーチ学」を実施

2018年06月20日 掲載

20180620_02_01.jpeg↑フィリップ先生による講義

平成30年6月8日(水)、宮崎大学はまちなかキャンパス(宮崎市若草通りアーケード内)において「ニュージーランド英語で聞くマオリの歴史・ことば・文化とスポーツコーチ学」を実施した。

本講座は、フィリップ・ボレル氏(カンタベリー大学マオリ学部専任講師)が講師を務め、「先住民族マオリの歴史」、「マオリ語を学ぶ意義」、「英語が共通語のニュージーランドでいかにしてマオリ語を学び維持していくか」などを話され、ニュージーランドに古くから伝わる遊びなどをとおして、受講者が触れ合う時間もあった。

20180620_02_02.jpeg↑ニュージーランドの子ども遊びを実際に体験

本学では、平成29年に設置した「宮崎大学まちなかキャンパス」を拠点に、様々な市民講座を実施したり、学生のフィールドワークを実施するなど、これまで以上に地域に根ざした大学となることを目指して取り組んでいく。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH