宮崎大学
ニュースリリース

本学産学・地域連携センター「地域デザイン講座」の新棟建設

2017年07月05日 掲載

20170705_01.png▲地域デザイン講座新棟完成予想図(平成29年9月末)

本学産学・地域連携センターに新しく設置された「地域デザイン講座」の新棟が、創立330記念交流会館の横に建設される。建設工事は4月末に着工しており,竣工は平成29年9月末を予定している。

本講座は米良電機産業株式会社(宮崎県宮崎市)からの寄附を受けて、本学から地域イノベーション創出を目指す新たな寄附講座「地域デザイン講座」として平成29年4月1日に開設された。

「工業技術を基軸にした異文化融合の推進による人材育成・地域貢献・イノベーション創出の実行」を基本理念とし、大学の研究資源と民間活力を融合した先導的な地域イノベーションの創出・地域活性化を目指すこととしている。

活動拠点となる地域デザイン講座新棟は,本学アカデミックコアに配置され高透過ガラスと白タイル石を基調とした大開口の分棟となっており、周辺の緑地広場とキャンパスモールが連続する開放的な建物となっている。

棟内には24時間オープンのセミナーホール&アクティブラーニング空間,会議室,屋外コミュニケーションエリアが設置され,シンポジウムや展示会など様々な活動に柔軟に対応できるオープンスペースを提供し、人・地域・アクティビティが主役となるようなデザインとなっている。

宮崎大学産学・地域連携センター「地域デザイン講座」のキックオフイベントは平成29年10月30日(月)を予定している。

20170705_02.png▲地域デザイン講座新棟のアクティビティ

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH