宮崎大学
ニュースリリース

宮崎大学地域デザイン棟において公開講座「きらきら政治考」を実施中

2017年11月27日 掲載

20171127_02_02.jpg↑宮崎市の現状を説明する田村客員教授

平成29年11月13日から、新たに宮崎大学木花キャンパスに建設された地域デザイン棟において、公開講座「きらきら政治考」を開始した。

本講座は、宮崎市前副市長で宮崎大学産学・地域連携センター客員教授の田村俊彦氏が講師を務め、大学生、専門学校生に加え一般の参加者も含めて28名が受講し、第1回目は田村客員教授の自己紹介に続いて、受講者がそれぞれ1分程度で自己紹介を行った。

20171127_02_01.jpg↑講義冒頭で受講者が自己紹介をする様子

受講した学生は、教育学部、工学部、農学部、地域資源創成学部や宮崎市内の専門学校生など多岐にわたり、「県外出身だが、宮崎がとても好きになり、宮崎で働きたいと思ったことが受講のきっかけ」「工学部だが、何らかの形でまちづくりに関わる仕事がしたいと思っており受講することにした」など、受講の動機も様々。

8回シリーズで実施される本講座の講師を務める田村客員教授からは「今、何が必要かを感じて、何かをはじめる創造力(想像力)が重要になる。全国各地で実施されている地方創生事業の中には、十分な実績が上がっていないものもあり、住民みんなで考えていくことが必要」と力強く述べられ、今後も受講者の意見を吸い上げながら、世代を超えて宮崎の未来を考える魅力的な講座となるように努めていく。

講義スケジュールは以下のとおり【 時間帯はいずれ16:40~18:10 】

① 11月13日(月): 自己紹介・公務員もまんざらじゃない

② 11月27日(月): 日本の中の宮崎市の現状・課題 人口減少社会の中で①

③ 12月 4日(月): 日本の中の宮崎市の現状・課題 人口減少社会の中で②

④ 12月11日(月): 宮崎の魅力・成功事例

⑤ 12月18日(月): 行政に求められるもの・住民に求められるもの

⑥ 1月15日(月): 学生に求められるもの~社会からの期待

⑦ 1月22日(月): 世界~地方都市から眺めて

⑧ 1月29日(月): 宮崎の未来・あるべき姿

※申込みはすでに終了

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH