宮崎大学
ニュースリリース

「第1回宮崎テックプラングランプリ」において本学農学部の田岡准教授が最優秀賞、 工学部の吉野教授が企業賞(リバネス賞)を受賞

2017年12月06日 掲載

平成29年12月2日(土)、研究開発型ベンチャー発掘・育成プログラム「宮崎テックプラングランプリ」の最終選考会がMUKASA-HUB(宮崎市高岡町)にて行われ、審査の結果、本学から農学部の田岡洋介准教授が最優秀賞、工学部の吉野賢二教授が企業賞(リバネス賞)を受賞しました。

「第1回宮崎テックプラングランプリ」は、宮崎県からイノベーションを巻き起こす新たな産業の創出を目指し事業化に向けたハンズオン支援する「宮崎テックプランター」の一環として行われ、最終選考ではエントリーした県内の大学・高専および事業者のうち8組がプレゼンテーションを行いました。

▼「第1回宮崎テックプラングランプリ 最優秀賞決定!」(「TECHPLANTER)より)
https://techplanter.com/2017/12/05/miyazakitpgpsokuhou/

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH