宮崎大学
ニュースリリース

日機装(株)と共同研究包括連携協定に関する研究報告会を開催

2018年01月24日 掲載

宮崎大学では、「組織」対「組織」の共同研究を推進する体制を構築してイノベーション創出を目指し、日機装株式会社(東京都渋谷区)との間で共同研究包括連携協定を締結(H28.11.28)している。

20180123_01_02.jpg↑池ノ上克宮崎大学学長

平成30年1月23日(火)、関係者が本学に集い、本協定に基づく第1号共同研究「深紫外線LEDを利用した殺菌装置の開発」の進捗状況やさらなる展開を協議する研究報告会を開催した。

20180123_01_01.jpg↑甲斐敏彦日機装㈱代表取締役社長

日機装(株)の甲斐社長は、「宮崎県は研究から生産までを担う重要な地となり、今回宮崎発の製品開発の第1歩を刻んだ。今後さらに強力に連携して日本、世界に発信していく」と力強く抱負を述べた。

本学では、産学・地域連携センターが相互のシーズ・ニーズを様々な学際領域でマッチング・コーディネートを行うことで、新たな技術・商品等の開発に資する共同研究を複数展開する。加えて宮崎発のイノベーション創出に学生を参画させ、イノベーション創出人材の育成にも取り組むこととしており、今後のステージアップに向けて関係者は気持ちを新たにした。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH