宮崎大学
ニュースリリース

宮崎大学公開講座「ラテンアメリカ野球から学ぶ選手指導・育成研修会」を実施

2018年02月08日 掲載

pic.jpg平成29年2月4日(日)、宮崎大学まちなかキャンパス(宮崎市若草通)にて、宮崎大学公開講座「ラテンアメリカ野球から学ぶ選手指導・育成研修会」を実施しました。

本講座は、ドミニカ共和国などのラテンアメリカ地域を中心に世界各国で野球指導に携わった経験を持つ阪長友仁氏(株式会社プロスペクト国際事業部長)が講師を務め、野球指導関係者や教育関係者など、県内外から17名が受講しました。

講座では、人口1千万人程度のドミニカ共和国から約150人がメジャーリーグで活躍していることを事例に、世界各地で活躍するラテンアメリカ諸国出身の選手を「身体能力の違い」「ハングリー精神の違い」と表現されることが多いが、実は、彼らの活躍の根底にあるものは日本人にもできる「選手指導・育成方法の違い」が最も大きな要因であるとして、ドミニカ共和国における練習や試合の様子などをビデオを用いて比較しながらわかりやすく解説されました。

また、これまで日本のアマチュア野球界で当たり前となっていた「坊主」「声出し」「トーナメント方式」などについても受講者と議論を行い、これからの日本の野球の在り方について改めて考える機会となりました。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH