宮崎大学 産学・地域連携センター 地域デザイン講座

活動報告

宮大ふるさと探検隊 第2回探検前レクチャー 

宮大ふるさと探検隊 探検前レクチャー(第2日目)

宮大ふるさと探検隊の探検前レクチャーの第2回目を実施しました.

JTB宮崎支店の喜田様より、『観光・着地型商品を通じた地域活性化』というテーマでさまざまな事例をもとに観光について学びました。

本学地域資源創成学部の谷田貝教授からは、”宮崎県観光の父”と呼ばれる岩切章太郎氏の『大地に絵を描いた男-岩切章太郎‐NHK宮崎放送』についての番組試写が行われ、岩切氏の宮崎観光への取り組みの歴史と強い想いを再確認しました。また、”青島こどものくに”を題材として、学生・自治体・企業の探検隊員によるフレームワークを用いた”アイデア出し”グループワークを実施しました。

 

 

日時:2018年6月23日(土)13:00~17:00

場所:宮崎大学木花キャンパス 地域デザイン棟

 

第2日目 レクチャースケジュール

13:00~ 『観光・着地型商品を通じた地域活性化』 

         JTB宮崎支店 喜田信基 課長

15:00~ フレームワーク活用ワークショップ

         地域資源創成学部 谷田貝孝 教授

 

宮大ふるさと探検隊 第1回探検前レクチャー

宮大ふるさと探検隊 探検前レクチャー(第1日目)

宮大ふるさと探検隊がついに始動です!

探検隊のメンバーは宮崎大学の学生28名、各自治体から10名、企業4名,一般3名の合計45名の探検隊員が集まりました。

第1日目はメンバーの初顔合わせと探検前レクチャーが実施されました。

 

日時:2018年6月16日(土)10:00~16:00

場所:宮崎大学木花キャンパス 地域デザイン棟

 

第1日目 レクチャースケジュール

10:00~ オリエンテーション ●探検隊の目的とゴール ●隊員自己紹介 

10:15~ 基調講演『宮崎観光事業について』

  • 宮崎大学客員教授 宮崎市観光協会田村専務理事
  • 宮崎の観光の歴史と今
  • グローバル・インバウンド需要の取り込みは?

12:45~ 基調講演『感性マーケティング教室』

  DESIGN Integrate 代表取締役 宮内博実氏

15:00~ 『谷田貝教室・JTB情報』 地域資源創成学部 谷田貝孝 教授

                  JTB宮崎支店 喜田信基 課長

 

2018/07/06

2018年前期 宮大夕学講座(第12回)

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「2018年前期 第12回宮大夕学講座」を平成30年7月3日(火)に開催しました。

 

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

第12回宮大夕学講座では、講師に慶応義塾大学総合政策学部の琴坂将広氏をお迎えし、『テクノロジーが変えた経営戦略:進化を振り返り、未来を考える』というテーマで、一般の方々、企業、学内職員および学生など台風7号の中、総勢26名のご参加を賜りました。

 

2018年前期 第12回宮大夕学講座

日時:平成30年7月3日(火)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

題目:「テクノロジーが変えた経営戦略:進化を振り返り、未来を考える」

講師:琴坂将広 慶応義塾大学総合政策学部 准教授

 

講演内容

経営戦略は、時代を超えて絶えず進化してきました。最先端を理解するには、まずはその起源を理解し、その発展を理解することが役立ちます。本講演では、社会科学としての経営戦略と、実学としての経営戦略、その両者の接続を目指します。まず経営戦略とは何かを多面的に解説し、それに関わる数々の理論体系の発展の系譜を読み解きます。その上で、経営戦略という言葉で表される、経営と、それを行う組織と個人の活動の全体像を概観し、みなさまとの議論を深めたいと考えています。

 

 

2018/07/04

2018年前期 宮大夕学講座(第11回)

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「2018年前期 第11回宮大夕学講座」を平成30年6月29日(金)に開催しました。

 

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

第11回宮大夕学講座では、講師に芸人・絵本作家の西野亮廣氏をお迎えし、『貯信時代のお金の作り方、使い方』というテーマで,一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢42名のご参加を賜りました。

 

 

2018年前期 第11回宮大夕学講座

日時:平成30年6月29日(金)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

題目:「貯信時代のお金の作り方、使い方」

講師:西野亮廣  芸人・絵本作家

 

 

2018/07/01

2018年前期 宮大夕学講座(第10回)

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「2018年前期 第10回宮大夕学講座」を平成30年6月21日(木)に開催しました。

 

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

第10回宮大夕学講座では、講師に国語辞典編集者の飯間浩明氏をお迎えし、『国語辞典から現代日本語が見えてくる』というテーマで,一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢44名のご参加を賜りました。

 

 

2018年前期 第10回宮大夕学講座

日時:平成30年6月21日(木)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

題目:「国語辞典から現代日本語が見えてくる」

講師:飯間浩明

   国語辞典編集者 三省堂国語辞典編集委員

 

講演内容

今から見て30年前の日本語は、今とさして変わらず、理解するのに支障がないように見えます。ところが、30年前の人が今の日本語を見ると、とても大きく変わっていて、理解するのが難しいに違いありません。この30年に、インターネットの発達に代表される大きな変化が起こり、それは日本語にも影響を与えました。いったいそれはどんな変化で、私たちの日本語は今どういう位置にあるのか。辞書編纂者としての観察をお話しします。

 

2018/06/30

宮崎TOPセミナー ~国富町~ -宮崎の各首長が熱く語る-

宮崎大学地域デザイン講座が主催する『宮崎TOPセミナー ~国富町 中別府尚文町長~』を平成30年6月26日(火)に開催しました。

宮崎大学が地域に根ざす大学として、県内26市町村と密着して様々な事業を考え、宮崎の未来を描きデザインしていく。そのスタートとして、まずは宮崎の各地域を学ぶ「宮崎TOPセミナー」を開催し、各首長に地域の潜在能力や活気に満ちた現状、未来への挑戦、さらには行政哲学について熱く語って頂きます。

第9回目のセミナーは、宮崎県の中央部に位置し、江戸時代は幕府直轄の天領であり国が富む町“国富町” の中別府尚文町長を宮崎大学客員講師として招聘し、ご講演頂きました。

聴講者は教職員・学生・企業・地域など様々な分野から総勢40名のご参加をいただきました。役場の皆様には早い時間からに講演会場の設営と,エクステリアホールでは国富町のひむかみんどらやの『にゃんどら』と『おいしっ茶ね。』を振舞って頂きました。

講演会では中別府町長からは国富町のまちづくりのストーリーから重点課題などを語って頂き、宮大OBである国富町現役職員2名の方からは、就職したきかっけや国富町への想い、学生時代にしておきたいこと、などについて熱くご講演を頂きました。

講演後の質疑応答では、学生や地域の方々からの沢山の質問があり、中別府町長や宮大OBの現役職員に向けた活発なディスカッションが展開されました。

 


2018/06/22

宮崎TOPセミナー ~木城町~ -宮崎の各首長が熱く語る-

宮崎大学地域デザイン講座が主催する『宮崎TOPセミナー ~木城町 半渡英俊町長~』を平成30年6月15日(金)に開催しました。

宮崎大学が地域に根ざす大学として、県内26市町村と密着して様々な事業を考え、宮崎の未来を描きデザインしていく。そのスタートとして、まずは宮崎の各地域を学ぶ「宮崎TOPセミナー」を開催し、各首長に地域の潜在能力や活気に満ちた現状、未来への挑戦、さらには行政哲学について熱く語って頂きます。

第8回目のセミナーは、宮崎県のほぼ中央部に位置し、町の中央に清流小丸川が流れる“木城町” の半渡英俊町長を宮崎大学客員講師として招聘し、【未来志向のまちづくり~木城町地方創生の取り組み~】というテーマでご講演して頂きました。

聴講者は教職員・学生・企業・地域など様々な分野から総勢34名のご参加をいただきました。役場の皆様には早い時間からに講演会場の設営と,エクステリアホールでは『おはなしの森のクーヘン』を振舞って頂きました。

半渡町長からは今後の木城町のまちづくりビジョンや地方創生に関わる大学との包括絵連携に関わるさまざまな取り組みについて詳しくご講演を頂きました。

講演後の質疑応答では、学生や地域の方々からの沢山の質問があり、本学職員からは木城町で名物の「木城えほんの郷」を本学“まちなかキャンパス”で開催する新しい提案もなされ、活発なディスカッションとなりました。

 

 

 

 

 

 

2018/06/15

2018年前期 宮大夕学講座(第9回)

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「2018年前期 第9回宮大夕学講座」を平成30年6月6日(水)に開催しました。

 

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

第9回宮大夕学講座では、講師に脳科学者の茂木健一郎氏と慶応義塾大学大学院教授である前野隆司氏をお迎えし、対談形式のご講演で一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢56名のご参加を賜りました。

『脳と幸せ』、『幸福な社会』とは…幸福学と脳科学の共通部分を明らかにしながら調和的、平和的、自律分散的なあり方についてご講演頂きました。

 

2018年前期 第9回宮大夕学講座

日時:平成30年6月6日(水)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

題目:「幸福学と脳科学の文脈で語り合う平成30年」

講師:茂木健一郎 脳科学者

        ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー

  :前野隆司  慶応義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科 教授

 

 

2018/06/15

宮崎TOPセミナー ~都農町~ -宮崎の各首長が熱く語る-

宮崎大学地域デザイン講座が主催する『宮崎TOPセミナー ~都農町 河野正和町長~』を平成30年5月30日(水)に開催しました。

宮崎大学が地域に根ざす大学として、県内26市町村と密着して様々な事業を考え、宮崎の未来を描きデザインしていく。そのスタートとして、まずは宮崎の各地域を学ぶ「宮崎TOPセミナー」を開催し、各首長に地域の潜在能力や活気に満ちた現状、未来への挑戦、さらには行政哲学について熱く語って頂きます。

第7回目のセミナーは、宮崎県の中央部に位置し、山と海に囲まれた自然豊かな『農の都』“都農町” の河野正和町長を宮崎大学客員講師として招聘し、【山と滝とくだもののまち都農町】というテーマでご講演して頂きました。

聴講者は教職員・学生・企業・地域など様々な分野から総勢47名のご参加をいただきました。役場の皆様には早い時間からに地域デザイン棟にお越し頂き、講演会場の設営からエクステリアホールでは、都農ワインで仕上げた『シラスミ』『トマトひねり揚げ』、ワインに合う大人の『PICKLES』、『都農産ドレッシング』などたくさんの特産品を振舞って頂きました。また,『つのぴょんと行く 都農町探検』のテレビ局クルーのみなさんも取材に来ていただきました。

河野町長からは道の駅を中心とする町づくりと活性化、新病院と経済の関わりについて力強いご講演を頂きました。

講演後の質疑応答では、学生や地域の方々からの沢山の質問があり、講演会終了後も河野町長とのディスカッションが続きました。

 

2018/06/05

2018年前期 宮大夕学講座(第8回)

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「2018年前期 第8回宮大夕学講座」を平成30年5月31日(木)に開催しました。

 

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

第8回宮大夕学講座では、講師に㈱経営共創基盤(IGPI)の木村尚敬氏をお迎えし、一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢34名のご参加を賜りました。

様々な技術進化や環境変化が加速する現代社会において、人や組織の心をつかみ真の改革を推し進める、これからの時代のリーダーに求められるヒューマンスキルについてご講演頂きました。

 

2018年前期 第8回宮大夕学講座

日時:平成30年5月31日(木)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

題目:「これからのリーダシップの在り方」~ダークサイドスキルを身につけろ~

講師:木村尚敬 ㈱経営共創基盤(IGPI)パートナー IGPI上海執行董事

 

1 / 41234
宮崎大学 産学・地域連携センター 地域デザイン講座