宮崎大学 産学・地域連携センター 地域デザイン講座

活動報告

2018/02/06

宮崎TOPセミナー~日之影町~ -宮崎の各首長が熱く語る-

 宮崎大学地域デザイン講座が主催する「宮崎TOPセミナー ~日之影町町 佐藤貢町長~」を平成30年1月24日(水)に開催しました。

宮崎大学が地域に根ざす大学として、県内26市町村と密着して様々な事業を考え,宮崎の未来を描きデザインしていく。そのスタートとして、まずは宮崎の各地域を学ぶ「宮崎TOPセミナー」を開催し、各首長に地域の潜在能力や活気に満ちた現状、未来への挑戦、さらには行政哲学について熱く語って頂きます。

第4回目のセミナーは、全国初の森林セラピー基地に認定(2006年)され,2017年には祖母・傾・大崩れユネスコパークに登録された“日之影町” の佐藤貢町長を宮崎大学客員講師として招聘し、「光,ふりそそぐまち」日之影町について講演して頂きました.豊かな自然を活かした特産品の”ひのかげブランド”の構築と”癒しのまちづくり”を推進されています。

聴講者は教職員・学生・企業・地域など様々な分野から総勢46名のご参加をいただきました。日之影町役場の皆様には当日の早い時間から地域デザイン棟にお越し頂き,講演会場の設営に加えて,棟前広場にて日之影産の”牛肉としいたけの炭火焼き”,日之影の野菜を使った”けんちん汁”を振舞って頂きました.また,わらの工芸品の展示やわら職人による”わら細工体験と実演もあり,小さなお子様連れのご夫婦を含む計7名のご参加を頂きました.

講演後,学生や教職員からは,観光や日之影ブランドに関する質問が多数寄せられ,佐藤町長には丁寧にお答えいただきました。

 

 

 

 

2018/01/28

宮大夕学講座(第11回)

 宮崎大学地域デザイン講座が主催する「第11回宮大夕学講座」を平成30年1月25日(水)に開催しました。

 

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

第11回宮大夕学講座では、講師に料理研究家の土井善晴氏をお迎えし、一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢55名のご参加を賜りました。

とても柔らかい関西口調で,「和のこころ」「一汁一菜」「料理への心の働かせ方」などご講演頂きました.

 

第11回宮大夕学講座

日時:平成30年1月25日(木)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

題目:「和食を知らない日本人はいけないでしょう!」

講師:土井善晴 料理研究家

 

 

2018/01/22

宮大夕学講座(第10回)

 宮崎大学地域デザイン講座が主催する「第10回宮大夕学講座」を平成30年1月17日(水)に開催しました。

 

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

第10回宮大夕学講座では、講師に大阪大学大学院教授の松村真宏氏をお迎えし、一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢48名のご参加を賜りました。

研究テーマは「仕掛学」。仕掛けの教育・研究・社会実装に取り組んでおり,社会に「仕掛」けられた様々な実例を紹介して頂き,無意識のうちにとる人の行動について講演していただきました。

 

第10回宮大夕学講座

日時:平成30年1月17日(水)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

題目:「人を動かす『仕掛学』」

講師:松村真宏 大阪大学大学院教授

講演内容:

仕掛学は人の行動を変える「仕掛け」を研究対象にした新しい学問分野です。仕掛けは魅力的な行動の選択肢を増やすことで目的の行動に誘うことを狙います。例えば、ゴミ箱の上にバスケットゴールを付けるとゴミでシュートしたくなるので、結果的にゴミ捨て行動が促進されます。本講演では、そのような仕掛け事例の紹介に加えて、仕掛けの満たすべき要件、仕掛けの原理、関連分野との関わり、仕掛けの限界、仕掛けの発想法などについてお話しします。

 

2018/01/20

宮大夕学講座(第9回)

 宮崎大学地域デザイン講座が主催する「第9回宮大夕学講座」を平成30年1月16日(火)に開催しました。

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

第9回宮大夕学講座では、講師にRIZAPグループの瀬戸健氏をお迎えし、一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢48名のご参加を賜りました。

 

第9回宮大夕学講座

日時:平成30年1月16日(火)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

 

題目:『失敗力』

講師:瀬戸 健 RIZAPグループ株式会社 代表取締役社長

講演内容:

「結果にコミット」のフレーズでお馴染みのパーソナルトレーニングジム「RIZAP」は、ボディメイク事業、健康に関する研究を行っております。
私自身、順風満帆な人生を送ってきたと思われがちですが、実は昔は落ちこぼれで、あることがきっかけで変わることができました。
自分自身の失敗談を元に、RIZAPグループの理念である「人は変われる。」を証明できるお話を皆様にさせていただき、少しでも何か得ていただけるものがあれば、嬉しく思います。
 
2017/12/27

宮大夕学講座(第8回)

  宮崎大学地域デザイン講座が主催する「第8回宮大夕学講座」を平成29年12月15日(金)に開催しました。

 

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

第8回宮大夕学講座では、講師に株式会社日本レーザーの近藤宜之氏をお迎えし、一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢35名のご参加を賜りました。すべての社員を株主にする(MEBO)など、中小企業の特性を活かした人事制度によって活力を高め、2011年に「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞・中小企業庁長官賞など次々に経営に関する表彰を受賞しています。

働き甲斐のある職場環境作り・働く意義など『働き方の未来』そして、未来の日本的経営手法について講演していただきました。

 

第8回宮大夕学講座

日時:平成29年12月15日(水)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

 

題目:『社員をとことん大事にする経営~黒字経営を継続するためのマネジメント』

講師:近藤宜之 株式会社日本レーザー 代表取締役社長

講演内容:

社員が会社から大切にされている実感があれば、困難な状況に直面しても、克服できる。多様な人財を採用し、仕事を通じての成長を図り、雇用を守って人を大切にすることは、進化した日本的経営につながる。働き方改革は、社員の働き甲斐を向上しつつ、生産性も高めていくことが目的である。日本で唯一のCo-owned Businessである日本レーザーは海外13か国、100社との取引をしながら、経営破綻後、24年間連続黒字経営を継続している。その経営理念と経営手法について紹介したい。

 

2017/12/25

宮崎TOPセミナー ~川南町~ -宮崎の各首長が熱く語る-

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「宮崎TOPセミナー ~川南町 日高昭彦町長~」を平成29年12月20日(水)に開催しました。

宮崎大学が地域に根ざす大学として、県内26市町村と密着して様々な事業を考え,宮崎の未来を描きデザインしていく。そのスタートとして、まずは宮崎の各地域を学ぶ「宮崎TOPセミナー」を開催し、各首長に地域の潜在能力や活気に満ちた現状、未来への挑戦、さらには行政哲学について熱く語って頂きます。

第3回目のセミナーは、川南合衆国ともいわれる“川南町” の日高昭彦町長を宮崎大学客員講師として招聘し、「まちづくりのためのヒトづくり」について講演して頂きました.〝町長の仕事は面白い″と言われる通り、コミュニケーション力、笑顔など人間力を活かしたまちづくりを実践されています。

聴講者は教職員・学生・企業・地域など様々な分野から総勢40名のご参加をいただきました。来場の皆さんには川南産の緑茶を振舞い,講演の最後には町長と一緒に来られた役場の方々のご紹介と川南町への想いをお話しいただきました。

講演後は学生や教職員からの質問が多数寄せられ,日高町長には丁寧にお答えいただきました。

次回の宮崎TOPセミナーは平成30年1月24日(水)、日之影町の佐藤貢町長にお越し頂きます。

 

日時:平成29年12月20日(水)18:30~(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

講師:日高昭彦 川南町長 宮崎大学客員講師

 

 

2017/12/20

きらきら政治考

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「きらきら政治考」を平成29年11月13日(月)~平成30年1月29日(月)までの期間、計8回講座として開催しています。

 

 「きらきら政治考」では世界を視野に入れながら、宮崎をデザインし行動できる人材の育成を目指しています。前宮崎市副市長の田村俊彦氏を宮崎大学客員教授として招聘し,みやざきの今や未来について新しい切り口で講義して頂きます。聴講者は学生や企業、行政および教育機関など多方面から募り、約25名の少数クラスでディスカッションを多く取り入れた講義を展開しています。また、宮崎県東諸県郡綾町の「くるりカフェ」に地域デザイン棟に出店頂き、珈琲&ベーグルと一緒にカジュアルなスタイルで講義を進めています。

 

日時:平成29年10月31日(月)~平成30年1月29日(月)18:30~18:10(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

講師:田村俊彦 宮崎大学客員教授

主題:みやざきの今、未来を考える「きらきら政治考」

 

講義スケジュール

第1回目平成29年11月13日(月)

 テーマ:自己紹介、公務員もまんざらではない

第2回目平成29年11月13日(月)

テーマ:日本の中の宮崎市の現状・課題 ~人口減少社会の中で①~

第3回目平成29年11月27日(月)

テーマ:日本の中の宮崎市の現状・課題 ~人口減少社会の中で②~

第4回目平成29年12月4日(月)

 テーマ:日本の魅力・成功事例

第5回目平成29年12月18日(月)

 テーマ:行政に求められるもの・住民に求められるもの

第6回目平成30年1月15日(月)

テーマ:学生に求められるもの~社会からの期待

第7回目平成30年1月22日(月)

 テーマ:世界~地方都市を眺めて

第8回目平成30年1月29日(月)

テーマ:宮崎の未来・あるべき姿  

 

 

 

 

 

2017/12/15

宮崎TOPセミナー ~綾町~ -宮崎の各首長が熱く語る-

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「宮崎TOPセミナー ~綾町 前田穰町長~」を平成29年12月13日(水)に開催しました。

宮崎大学が地域に根ざす大学として、県内26市町村と密着して様々な事業を考え,宮崎の未来を描きデザインしていく。そのスタートとして、まずは宮崎の各地域を学ぶ「宮崎TOPセミナー」を開催し、各首長に地域の潜在能力や活気に満ちた現状、未来への挑戦、さらには行政哲学について熱く語って頂きます。

第2回目のセミナーは、ユネスコパークのまち“綾町” の前田穰町長に綾町の自然と共生するまちづくりについて講演して頂きました.綾町は観光イベントやスポーツ施設などなど充実していて活力に満ちています!

聴講者は教職員・学生・企業・地域など様々な分野から総勢40名のご参加をいただきました。来場の皆さんにはレモンハーブティーを振舞い,暖かくしながらの聴講となりました. 役場の河野様ありがとうございました.

講演後は学生や教職員からの質問が多数寄せられ,前田町長には丁寧にお答えいただきました。

次回の宮崎TOPセミナーは12月20日(水)、川南町の日高昭彦町長にお越しいただきます。

 

日時:平成29年12月20日(水)18:30~(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

講師:前田穰 綾町長 宮崎大学客員講師

 

  

 

 

 

2017/12/13

宮大夕学講座(第7回)

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「第7回宮大夕学講座」を平成29年12月6日(水)に開催しました。

 

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

第7回宮大夕学講座では、講師に株式会社ストライプインターナショナル代表取締役社長の石川康晴をお迎えし,一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢35名のご参加を賜りました。

女優の宮崎あおいさんがCM・ブランドキャラクターを務めるアパレルメーカーで,わずか10年で急成長を遂げた注目の会社です。これまでの経営路線の変更と事業成長のヒント・戦略などについて講演頂きました。

 

第7回宮大夕学講座

日時:平成29年12月6日(水)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

 

題目:『ストライプインターナショナルのイノベーション』

講師:石川康晴 株式会社ストライプインターナショナル 代表取締役社長

講演内容:

当社は、創業以来常に「路線転換」を繰り返してきました。そしてその路線転換こそが、イノベーションであり事業継続の要因であると考えています。本講演では、当社のこれまでの路線転換について具体的な事例をお話しすると共に、事業成長と等しく大切にしている創業地岡山での地域貢献活動についてもご紹介いたします。

宮大夕学講座(第7回:2017年12月6日)

宮大夕学講座(第7回:2017年12月6日)

2017/12/13

宮大夕学講座(第6回)

宮崎大学地域デザイン講座が主催する「第6回宮大夕学講座」を平成29年11月28日(火)に開催しました。

 

 「宮大夕学講座」では多種多様なクラスターの皆様に人間観、哲学感、トレンド、経営観といった本質的な情報をライブ中継にて提供し最新の知見を宮崎に発信しています。

第6回宮大夕学講座では、講師に法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科教授の米倉誠一郎をお迎えし、一般の方々、企業、学内職員および学生など総勢30名のご参加を賜りました。

 

 

第6回宮大夕学講座

日時:平成29年11月28日(火)18:30~8:30(開場18:00)

会場:宮崎大学 地域デザイン棟

 

題目:『イノベーターたちの日本史:近代日本の創造的対応』

講師:米倉誠一郎 法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科教授

講演内容:

日本人は創造的ではないなどという人がいますが、本当にそうでしょうか?本講演では、明治から昭和初期にかけてきわめて創造的な対応を行ったイノベーターたちを通じて、近代日本の建国の姿が如何に創造的だったかについて話したいと思います。しかし、日本人だけが民族的に創造的であるといったナショナリスティックな主張ではありません。日本人にもそうした人々がいたという話です。創造的対応とは、社会経済の変化にただ順応するのではなく、まったく新しく対応することで、1947年にシュンペーターが用いた概念です。この観点から近代日本を見てみると、それはもうワクワクする旅に出るようなものなのです。

 

              宮大夕学講座(第6回:2017年12月6日)

1 / 212
宮崎大学 産学・地域連携センター 地域デザイン講座