宮崎大学 産学・地域連携センター 地域デザイン講座

夕学講座

2019年度後期 第14回宮大夕学講座「人類が初めて目にしたブラックホールの姿」

実施詳細

チラシ:チラシはこちら

講 座 名:
2019年度後期 第14回宮大夕学講座「人類が初めて目にしたブラックホールの姿」
日   程:
1月16日(木)
時   間:
開場18:00
講座18:30―20:30
(18:30-20:00 講演/20:00-20:30 質疑応答)
場   所:
宮崎大学 地域デザイン棟
参 加 費:
1,000円(事前申込みが必要です)
定   員:
先着60名(法人受講者を含む)
対   象:
高校生以上
講義内容:
2019年、見えないはずの天体である「ブラックホール」の姿を、人類は初めて「影」として撮影することに成功しました。この写真によって、ブラックホールの存在が視覚的に示されるとともに、銀河の中心に巨大なブラックホールが存在することが確定し、天文学・物理学の研究において大きなマイルストーンとなりました。 本講演では、この写真の持つ科学的意義を中心に、ブラックホール研究の最前線について解説したいと思います。
講   師:
本間 希樹(ほんま まれき) 国立天文台 水沢VLBI観測所 所長/教授
申込方法:
ホームページ(宮大夕学講座で検索)、メール、電話、FAX
申込受付期間:
9月2日(月)から ※定員に達し次第、締め切りますのでお早めにお申し込みください
そ の 他:

宮崎大学学生は無料で受講できますが、各講座の10日前からの申し込みになります。
 (一般・法人の申し込み多数の講座は受講できない場合がありますことをご了承ください。)
 申込みの際に、所属/学部・学科・学年をお知らせください(申込みフォームの連絡
 事項等の欄に入力してください。)

講座申し込みの流れ
<受講お申し込み・受講に関するお問合せ>
宮崎大学 産学・地域連携センター 地域デザイン講座
電話:0985-58-7884  FAX:0985-58-7883
10:00~16:00(土日・祝日は除く)
E-Mail:r-design@of.miyazaki-u.ac.jp

公開講座一覧へ

宮崎大学 産学・地域連携センター 地域デザイン講座