宮崎大学
研究活動

宿主微生物複合系の恒常性に関する研究

プロジェクトリーダー
丸山 治彦 教授(医学部)

概要

人体は人体だけが単独で存在するのではなく、表皮や粘膜の常在微生物相と一体になった複合系であり、感染症とは環境中の微生物による複合系の恒常性の乱れと解釈することができる。本研究では、常在微生物と感染性病原体のゲノム情報に基づき、宿主・常在菌・病原微生物の相互作用を解析し、新しい観点から感染症の病理を明らかにする。さらに抗菌薬とは異なる革新的治療法の開発を目指す。

 

ポンチ絵

18-2
(↑クリックすると拡大します)

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH