宮崎大学
研究活動

魚類を用いた疾患モデルの開発および創薬に関する研究

プロジェクトリーダー
剣持 直哉 教授(フロンティア科学実験総合センター)

概要

クリニカルシーケンスの進展に伴い新規の遺伝子変異が次々と見つかっている。一方で、機能解析のツールはきわめて限られている。本プロジェクトでは、小型魚類のゼブラフィッシュを用いて疾患モデルを開発し、難治性疾患やがんなどの発症機構を解析する。システムバイオロジー、ケミカルバイオロジーなど革新的なアプローチにより発症の分子機構を明らかにするとともに、in vivoスクリーニングにより創薬に有望な化合物を同定する。

 

ポンチ絵

18-9
(↑クリックすると拡大します)

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH