宮崎大学
研究活動

高感度・高分解能放射線測定技術と非線形シミュレーションの融合による新しい食・環境評価システム構築に向けた萌芽的研究

概要

基礎科学分野で開発されているX線、γ線、粒子線などの放射線を対象とした高感度・高分解能検出器を、環境・食品分野に応用することで、新しい環境中微量物質測定や食品非破壊検査手法を開発することが出来ると期待される。また、微量・局所測定結果と流体シミュレーションや数理モデルを組み合わせて評価する手法を開発することで、迅速な環境変化予測システムの構築が出来ると考えられる。本プロジェクトは、放射線検出器開発研究と、対象となる非線形現象の数理およびシミュレーション解析研究、及び新しい短波長光源開発研究のコラボレーションによる、革新的な環境・食モニター技術の開発を目指す、萌芽的な研究である。

 

ポンチ絵

19-10
(↑クリックすると拡大します)

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH