宮崎大学
研究活動

交通ネットワーク途絶に対する脆弱性低減のための計画論の策定

概要

わが国におけるインフラの多くが老朽化しており、今後はインフラの更新にあたり長期間に渡るリンク途絶が生じる可能性がある。本研究プロジェクトでは、交通計画、地域計画、情報・通信工学の連携を図りながら、リンク途絶時における交通状態のモニタリングシステムを構築し、それをもとに交通脆弱性を軽減するための計画および情報提供手法を構築する。構築する手法論を宮崎都市圏に適用し、宮崎地域における脆弱性抑制策の具体的な検討を図る。

 

ポンチ絵

19-12
(↑クリックすると拡大します)

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH