宮崎大学
研究活動

地域の特性を活かした革新的水産養殖技術の開発に関する研究

概要

宮崎の地域の特性を活かした新しい養殖対象種(サクラマスやブラックタイガー)を開発する。本研究では、宮崎地方では水温が高くて養殖できなかったサクラマスを、最新の分子生物学的手法を生かして、成熟のメカニズムを解明し、それを活かして水温が高い宮崎でのサクラマスの生産できる技術を開発する。さらに、日向灘で確認されたブラックタイガーの養殖技術を確立し、免疫学的手法を用いてSPF(特定病原体フリー)の作成を行う。

 

ポンチ絵

19-13
(↑クリックすると拡大します)

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerは Adobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。

文字サイズ 標準 拡大


PAGE TOP

MENU CLOSECLOSE
ENGLISH