宮崎大学 > 工学部 > 入学関連

教育

アドミッションポリシー(農学工学総合研究科博士課程)

 農学工学総合研究科は、農学と工学の学問的背景と連携協力の実績を踏まえて、 農学と工学が連携・融合した教育研究領域の深化を図り、 広範な知識に基づいた総合的判断力と高度な研究能力を備え、 技術・知識基盤社会の形成に資する高度専門技術者の養成を目指しています。

  • 低環境負荷・循環型社会の実現に意欲的な人材
  • バイオマス資源の生産と利活用に取り組む人材
  • 地域社会基盤を保全し、持続型社会の構築に貢献できる人
  • 安心・安全で持続型の生物生産システムの開発に関心の高い人材
  • 生物・微生物の機能を生活向上に活かすことに関心の高い人材
  • ポストゲノム研究の成果を食料、環境、健康問題に応用することに関心の高い人材
  • 水産資源の適正管理と持続的水産増殖システムの開発に関心の高い人材
  • 新材料の創生及びエネルギー変換システムに貢献できる人材
  • 機械加工技術及び構造材料の設計・生産技術の開発に貢献できる人材
  • ソフトウエア技術・ハードウエア技術・情報ネットワーク技術・バイオインフォマティクス技術、情報処理システムの開発に関心の高い人材

〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1-1 電話 0985-58-2871 (総務係)

Copyright c 2011, Faculty of Engineering, University of Miyazaki