アドミッションポリシー
カリキュラムポリシー
ディプロマポリシー

アドミッションポリシー

I. 求める人材

宮崎大学大学院農学工学総合研究科では、農学と工学の学際的な知識を備え、それらを総合的に活用しようとする学習意欲の高い人材を国内外に広く求めています。また、社会人として経験を活かしながら高度な技術や知識を習得しようとしている人材も歓迎します。
本研究科における教育研究領域との関連からは、以下のような人材を積極的に受け入れます。

  1. 低環境負荷・循環型社会の実現に意欲的な人材
  2. バイオマス資源の生産と利活用に取り組む人材
  3. 地域社会基盤を保全し、持続型社会の構築に貢献できる人材
  4. 安心・安全で持続型の生物生産システムの開発に関心の高い人材
  5. 動植物・微生物の機能を生活向上に活かすことに関心の高い人材
  6. ポストゲノム研究の成果を食料、環境、健康問題の解決に応用することに関心の高い人材
  7. 水産資源の適正管理と持続的水産増養殖システムの開発に関心の高い人材
  8. 新材料の創生及びエネルギー変換システムに貢献できる人材
  9. 機械加工技術及び構造材料の設計・生産技術の開発に貢献できる人材
  10. ソフトウェア技術・ハードウェア技術・情報ネットワーク技術・バイオインフォマティクス技術、情報処理システムの開発に関心の高い人材

II. 入学者選抜の基本方針

以上のような人材を入学者として選抜するために、出願者の学歴、研究歴、希望修学期間などに配慮し、以下のような基本方針にもとづいて入学者を選抜します。

  1. 同一年度内に複数回の入学試験を実施する
  2. 出願資格(一般、社会人、留学生)に応じた試験を実施する
  3. 出願書類について審査し、試験結果と合わせて、出願者の能力、適性、意欲などを総合的に評価する

カリキュラムポリシー

宮崎大学大学院農学工学総合研究科では、国際的に評価される深い専門性と高い倫理観を身につけた博士を養成するために、以下の方針に沿ってカリキュラムを編成します。

  1. 農学と工学の学際的な知識を備え、それらを総合的に活用できる科目の設置
  2. 研究者・高度専門技術者として高い倫理観を修得する科目の設置
  3. 高度な専門的知識を学ぶ科目の設置
  4. 高度専門技術者の立場から充分にコミュニケーションできる能力を習得する科目の設置
  5. 学術論文を作成する能力を養成する科目の設置

ディプロマポリシー

宮崎大学大学院農学工学総合研究科では、所定の期間在籍し、所定の単位を修得し、以下の能力を身につけた上で,博士論文の審査及び最終試験に合格した者に、学位(博士号)を授与します。

  1. 農学と工学の学際的な知識を備え、それらを総合的に活用できる能力
  2. 研究者・高度専門技術者として高い倫理観を備え、総合的な判断ができる能力
  3. 高度な専門性の知識を有して、それを活用できる能力
  4. 国際学会等で高度専門技術者の立場から充分にコミュニケーションできる能力
  5. 計画的に研究を進め、それをまとめる能力

ディプロマポリシー 資源環境科学専攻

資源の枯渇、自然及び生活環境の悪化、食料危機などの人類が直面しつつある課題に取り組むために、以下のいずれかの能力を備えた研究者や高度技術者に学位を授与します。

  • 都市,農耕地,森林を一体化した循環系及び共生系として捉えられる能力
  • 省資源,資源の再利用と再生利用の技術を開発できる能力
  • 健全な資源循環・環境共生型の農・工業生産体系を構築できる能力
  • 安全で豊かな低環境負荷型システムを開発できる能力
  • 動植物資源の利活用と動植物機能を開発向上できる能力
  • 動植物生産過程における生態系の動態を解明できる能力
  • 動植物生産過程における環境整備と機械化・装置化に寄与できる能力
  • 安心・安全な持続型の生物生産システムを開発できる能力

ディプロマポリシー 生物機能応用科学専攻

本地域及び国際社会が抱える食料・エネルギー・環境問題に取り組むために、以下のいずれかの能力を備えた研究者や高度技術者に学位を授与します。

  • 動植物・微生物及び水産生物資源が有する諸機能を解明できる能力
  • 食と健康を総合的に捉える能力
  • 微生物を用いた環境汚染物質の分解や地域バイオマス資源の利用技術を有する能力
  • 水域における生態系を理解し水産資源の管理と保全ができる能力
  • 水産生物生産と水域環境保全とを両立させる水産増殖を考える能力

ディプロマポリシー 物質・情報工学専攻

環境調和・循環型及び高度情報化社会の課題に取り組むために,以下のいずれかの能力を備えた研究者や高度技術者に学位を授与します。

  • 環境調和型新材料を創製する能力
  • エネルギー変換技術に関する開発・解析ができる能力
  • 省エネルギー化・高度情報化された生産技術を開発できる能力
  • 高度なアルゴリズムとソフトウェアを活用した情報処理能力
  • 数理モデルを構築できる能力