H29アドベンチャー工学部

「アドベンチャー工学部」は,科学に興味のある小学生から大人まで楽しく参加することのできる体験型の催しです.参加費は無料,事前のご予約など必要ありません.
ぜひお気軽にお立ち寄りください.

日 時:平成29年11月19日(日)清花祭2日目 午前10時~午後4時,随時参加できます.
場 所:木花キャンパス工学部棟2階ロビー付近
    (ガラス細工体験教室は工学部ものづくり教育実践センターで実施)

木花キャンパスへのアクセスはこちら

mou.jpg

スタンプラリーを実施します!
複数のテーマに参加してスタンプを集めると 宮大グッズをもれなくプレゼント!!!

当日は大学祭も開催されており,キャンパスでは多数のイベントが行われております. 工学部では、同日に「テクノフェスタ体験入学」なども開催しております.

今年度は,以下の10テーマが開催されます (写真をクリックすると,大きく表示されます).

環境応用化学科 / プラ板工作!

プラスチック容器は引き延ばしながら成形いるので、プラスチックのコップやお皿は加熱すると形が変わるので試してみよう。プラスチック板(プラ板)も引き延ばして成形しているので,熱すると縮む。 この性質を利用し,絵を描いてオーブントースターで焼いて,オリジナルのブローチ作りを体験してみよう。


社会環境システム工学科 / 廃油をリサイクルして環境を守ろう!!

civil.jpg てんぷらや揚げ物料理をすると出てくる廃油は、台所から下水に流すと、下水管のつまりや下水処理施設の負荷を高めてしまいます。
廃油から石鹸やキャンドルを作って、ごみをもう一度使ってみよう!!


環境ロボティクス学科 / 前にも後ろにも飛べるゴム動力飛行機をつくる

robot.png robot2.png ゴム動力飛行機キットを使ってプロペラが逆回転できるよう改造した飛行機を組み立て、主翼の位置を調整すれば後ろ向きにも飛べることを屋外実験で体験します。対象年齢は7才以上。7才未満の参加には、保護者が付き添ってください。危ないので、3才未満のお子さんにはふれさせないでください。


機械設計システム工学科 / コーナーキック

ボールに回転を与えて動かすと進む方向とは直角方向に力を受けてそれて行きます。そのメカニズムは下のとおりで、これを「マグヌス効果」と言います。サッカーのコーナーキックでもこれを利用して直接ゴールを試したりしています。小さなもけいでたまの回転のようすを観察してみましょう。


電子物理工学科 / 偏光であそぼう(万華鏡・ブラックウォール作り)

私たちの身の回りにある普通の光は色々な方向に振動(しんどう)(ゆれ、うごくこと)している光が混ざり合っています。それに対して振動の方向が偏(かたよ)った光、「偏光(へんこう)」を使って条件を整(ととの)えると、普通では無色に見えるところに色がついて見えるようにできます。これを使って万華鏡(まんげきょう)やブラックウォール(触れない壁)などを作ります。


電気システム工学科 / 太陽電池であそぼう

皆さんは太陽の光を当てると発電する太陽電池をよく知ってると思います。では, 太陽電池が太陽の方向からずれたり,影や鳥の糞などで表面の一部が隠れたとき は発電量はどのように変わるか知っていますか? 答えを一緒に探してみましょ う!


情報システム工学科 / 画像認識であそぼう

人工知能研究の進展で、コンピュータが人の顔や身近な物をおぼえて見つけることができるようになってきています。このテーマでは、そうした「画像認識」技術を使ったデモを紹介します。あなたの顔をおぼえて伝言を教えてくれたり、体の動きを使って画面上のキャラクタを動かしたりできます。画像認識を「体験」しに来て下さい。


工学基礎教育センター / 絵具で作る不思議な模様

墨流しは、水に浮かぶ絵具を垂らして水面に模様を作り、出来た模様を紙に写し取ります。すてきなしおりを作って、科学に触れてみよう。
透明なアクリル板の上に少しの絵具をつけ、それをもう一つの透明なアクリル板ではさみ、指で押すと、枝分かれ模様が現れます。その不思議さを体験してみよう。


環境・エネルギー工学研究センター / 日本のひなた『宮崎県』の太陽の熱を集めてみよう

宮崎大学ではビームダウン式太陽集光装置を建設し、太陽光線を集めて1000oC以上の熱を発生させ、有効利用する研究を進めています。太陽の熱で“ポップコーン”を作れるソーラークッカー(太陽熱調理器)や“モーター”を回すことのできる発電チップを体験し、ソーラークッカーや太陽熱温水器を手作りして太陽の恵みを実感しましょう。


教育研究支援技術センター / ものづくり体験教室(ものづくり教育実践センターで実施)

ものづくり教育実践センターでは教育や研究で使う部品を作っています。センターの設備を使ってものづくりを体験しよう。
  1. ガラス加工:ガラスを溶かして置物を作ります。
  2. レーザー加工:レーザー加工機でアクリルやコルクに絵や文字を焼き付けます。
  3. 機械加工:マシニングセンタという機械で金属に記号や文字を彫ります。