学部の紹介

教育目標

工学部の教育理念

21世紀の工学技術者は、専門知識を身につけるだけでなく、 技術者としての倫理観を持つ必要があることなど、幅広い能力が必要とされている。 また、その能力も国際的に通用するものでなければならない。 さらに、我々を取り巻く環境の様々な問題や高度情報化社会への対応など、従来の技術だけでは対処できない課題が次々に発生してきている。
このような背景のもとで、本学部では十分な基礎学力と幅広い応用力を身につけ、 課題探求能力と創造性を持ち、優れたコミュニケーション能力をそなえ、 自主的・総合的に的確な判断ができる人間性豊かな専門技術者・研究者の養成を目指す。 このため学部教育では、日本技術者教育認定機構(JABEE)による教育プログラムに責任をもって対応できる体制を構築する。 また、宮崎地域における唯一の工学系学部として、社会へ高度な教育の場を提供することで地域への貢献を果たす。 さらに、大学院教育では高度専門技術者及び研究者の育成を図る。

工学部の教育目標

教養教育の目標

教養教育は、幅広く、深く、教養豊かな人間性形成を図り、 専門教育で学ぶことと合わせて広い視野から物事を考え、 判断する基礎的な素養を身につける教育を行う。

専門教育の目標

必要な基礎及び専門知識と実践能力を身につけた自立した工学技術者を養成できる専門教育プログラムを構築し、かつ、そのプログラムの点検評価及び改善体制を整える。 次のような知識及び能力の育成を各学科の専門教育の中で実現する。

大学院工学研究科修士課程の教育目標

 1) 大学院工学研究科修士課程の教育理念

科学技術に関する知的遺産を継承・発展させる一方、市民生活及び産業の発展を担う優秀な人材を育成することによって、社会の発展と人類の福祉に貢献することを基本理念とする。

 2) 大学院工学研究科修士課程の教育目的

21世紀の技術者は、専門知識だけでなく、技術者としての高い倫理観を持ち、地球的規模で 物事を考えることが要求される。また、環境・エネルギー問題の解決や高度情報化社会への対応など、従来の技術だけでは対処できない課題が次々に発生してきている。
このような背景のもとで、大学院工学研究科では、工学分野の高度専門知識を修得して応用でき、自ら課題を探求し、その解決に向けて高度専門知識を活用し主体的に考え、研究開発を通じて必要となる日本語、英語によるコミュニケーション能力を有し、産業界等で国際的に活躍できる実践的な応用力を有する高度専門技術者を育成することを目的とする。

 3) 工学研究科修士課程の教育目標

産業界等で国際的に活躍できる実践的な応用力を有する高度専門技術者を育成するために、「幅広い視野」「専門応用能力」「コミュニケーション能力」「国際性」といった様々な能力を涵養する必要がある。大学院工学研究科では、これらの能力を育成することを目標に融合教育プログラムを構築し、実践する。

大学院農学工学総合研究科博士後期課程の教育目標

大学院農学工学総合研究科博士後期課程の教育目標


PAGE TOP