学部の紹介

工学部データサイエンス・AI 教育プログラム(応用基礎)

【概要】

令和3年度工学部改組にて、工学部全学生が受講する「数理情報Ⅰ」「数理情報Ⅱ」「プロジェクト演習(3年次科目R5スタート)」を新設し、データサイエンス・AIのカリキュラム内容の教育プログラムを開始しました。3科目とも必修科目であることより、工学部学生370名が履修する仕組みとなっています。

本教育プログラムは、数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアムが提示した「数理・データサイエンス・AI(応用基礎レベル)モデルカリキュラム ~AI×データ活用の実践~」に準拠しています。<令和4年度認定制度申請予定>

本教育プログラムは、工学部長を責任者とした管理運営のもと、工学部工学基礎教育センターの数理データサイエンス部門の専任教員2名が講義科目「数理情報Ⅰ」、「数理情報Ⅱ」を、工学部各プログラムの教員グループで演習科目「プロジェクト演習」を行い、宮崎大学数理・データサイエンス部会を中心にプログラム内容の改善・進化を行い、連携して、工学部教育質保証委員会で点検・評価を行う体制で運用しています。

教育プログラム

工学部全学生が受講する「数理情報Ⅰ」、「数理情報Ⅱ」、「プロジェクト演習(3年次科目令和5年度スタート)」の3科目(合計5単位)取得を修了要件とする応用基礎レベルの教育プログラムを令和3年度より開始

●「数理情報Ⅰ」「数理情報Ⅱ」

「データ表現とアルゴリズム」「AI・データサイエンス基礎」をカバーする数理データサイエンス・AI教育専用の工学部全学生を対象とした必修科目「数理情報Ⅰ」「数理情報Ⅱ」を1年次に開講し、学生の興味・理解を高めるために"回帰分析の演習"や"pythonによるプログラミング"など、演習系を取り入れて実施している。

「令和3年度「数理情報Ⅰ」「数理情報Ⅱ」のFD(自己点検・評価)」

●プロジェクト演習(3年次科目R5スタート)

3年次には、Project Based Learningとして、現実のデータを対象に異なる工学分野のチームにより、提示された課題を解決するため、数理データサイエンスを活用して実施する演習を行う。<3年次科目R5スタートに向けて準備中。一部内容の変更が生じる場合があります>

dx_program

●プログラムの目的・人材養成像

【興味・理解を深めるための取組】


PAGE TOP