宮崎大学 > 工学部 > 教育

教育

工学部の教育理念

21世紀の工学技術者は、専門知識を身につけるだけでなく、 技術者としての倫理観を持つ必要があることなど、幅広い能力が必要とされている。 また、その能力も国際的に通用するものでなければならない。 さらに、我々を取り巻く環境の様々な問題や高度情報化社会への対応など、従来の技術だけでは対処できない課題が次々に発生してきている。
このような背景のもとで、本学部では十分な基礎学力と幅広い応用力を身につけ、 課題探求能力と創造性を持ち、優れたコミュニケーション能力をそなえ、 自主的・総合的に的確な判断ができる人間性豊かな専門技術者・研究者の養成を目指す。 このため学部教育では、日本技術者教育認定機構(JABEE)による教育プログラムに責任をもって対応できる体制を構築する。 また、宮崎地域における唯一の工学系学部として、社会へ高度な教育の場を提供することで地域への貢献を果たす。 さらに、大学院教育では高度専門技術者及び研究者の育成を図る。

工学部の教育目標

教養教育の目標

教養教育は、幅広く、深く、教養豊かな人間性形成を図り、 専門教育で学ぶことと合わせて広い視野から物事を考え、 判断する基礎的な素養を身につける教育を行う。

  • 幅広く、かつ豊かな教養を持つ人間の育成を図る教養教育プログラムを充実する。
  • 人類の幸福・福祉とは何かについて考え、社会人としての基本的モラルを形成できる教育を行う。
  • 身近な環境問題や全地球規模での環境課題を考え、適切に判断する能力を育成する。
  • 日本語および外国語によるコミュニケーション能力を育成する。
  • 情報化社会で不可欠なコンピュータやネットワークを利用できる能力を育成する。
  • 自然科学系教養科目とも連携し、専門科目の理解に必要な自然科学系基礎学力を育成する。

専門教育の目標

必要な基礎及び専門知識と実践能力を身につけた自立した工学技術者を養成できる専門教育プログラムを構築し、かつ、そのプログラムの点検評価及び改善体制を整える。 次のような知識及び能力の育成を各学科の専門教育の中で実現する。

  • 専門分野に深い興味を持ち、自学自習による自発的な学習能力を育成する。
  • 自然科学や専門領域に対する基礎知識を身につけ、 その知識を基にグローバルな視点から多面的に物事を考える能力を育成する。
  • 工学技術が社会や自然に及ぼす影響や効果を理解し、 工学技術者として必要な倫理・規範や責任を判断できる能力を育成する。
  • 身につけた専門知識を課題の発見や探求に利用し、 さらに課題解決へ応用できるデザイン能力を育成する。
  • 日本語による論理的な記述、口頭発表及び討論ができ、 かつ基礎的な工学英語を使ったコミュニケーション能力を育成する。
  • 学部は専門基礎の教育を重視し、大学院において高度な専門性と、 専攻・分野を越えた幅広い教育を行う。
  • 学生の知識や能力の向上を厳正に評価し、教員による適切な学習指導と 教育内容の改善により基本的な専門知識と課題解決の能力を身につけた人材を養成する。

大学院工学研究科修士課程の教育目標

 1) 大学院工学研究科修士課程の教育理念

 科学技術に関する知的遺産を継承・発展させる一方、市民生活及び産業の発展を担う優秀な人材を育成することによって、社会の発展と人類の福祉に貢献することを基本理念とする。

 2) 大学院工学研究科修士課程の教育目的

 21世紀の技術者は、専門知識だけでなく、技術者としての高い倫理観を持ち、地球的規模で 物事を考えることが要求される。また、環境・エネルギー問題の解決や高度情報化社会への対応など、従来の技術だけでは対処できない課題が次々に発生してきている。
 このような背景のもとで、大学院工学研究科では、工学分野の高度専門知識を修得して応用でき、自ら課題を探求し、その解決に向けて高度専門知識を活用し主体的に考え、研究開発を通じて必要となる日本語、英語によるコミュニケーション能力を有し、産業界等で国際的に活躍できる実践的な応用力を有する高度専門技術者を育成することを目的とする。

 3) 工学研究科修士課程の教育目標

 産業界等で国際的に活躍できる実践的な応用力を有する高度専門技術者を育成するために、「幅広い視野」「専門応用能力」「コミュニケーション能力」「国際性」といった様々な能力を涵養する必要がある。大学院工学研究科では、これらの能力を育成することを目標に融合教育プログラムを構築し、実践する。

大学院農学工学総合研究科博士後期課程の教育目標

大学院農学工学総合研究科博士後期課程の教育目標

工学部・研究科のディプロマポリシー

ディプロマポリシーとは卒業認定・学位授与 に関する方針のことである。

工学部学士課程のディプロマポリシー

 工学部では、宮崎大学学務規則に規定する修業年限以上在学し、各学科所定の単位数を修得し、且つ、卒業論文審査において、卒業研究の取組状況と研究成果から、下記の各学科が目標とした専門技術者としての能力を身につけたことが確認された合格者に対して卒業を認めると同時に、学士(工学)の学位を与える。

環境応用化学科

 環境応用化学科では、企業等で実践力を有する工学専門職としてグローバルに活躍できる技術者の育成を教育の目標に掲げ、学士課程を通じて以下の資質や能力を修得した学生に学位を授与します。

  • 自然との共生や環境との調和や社会への貢献の視点を持ち、社会的責任感と科学的倫理観をもって物事を判断する能力
  • 産業界で技術者として活躍するために必要な工学および化学の基礎を習得し、実験や観察の結果を考察でき、問題解決に柔軟に応用する能力
  • 自主的、継続的な学習により知識や技術を高め、それらを課題の探求と解決に生かし、正しく明瞭にまとめ伝える能力

社会環境システム工学科

 本学科では,以下の能力を持つ技術者の育成を行っています。

  • 技術者の基礎となる数学を含めた自然科学の知識、コミュニケーション能力、自己学習能力、課題解決能力、ならびに技術者としての倫理を兼ね備えた能力
  • 土木環境工学のどの分野でも活躍できるための基礎能力
  • 社会の要請を察知し、理解して適切な行動ができる能力

環境ロボティクス学科

 本学科では,以下の能力を持つ技術者の育成を行っています。

  • 広い視野から多面的に物事を考える能力
  • 数学、機械、電気電子、情報、化学などの専門領域の基礎知識
  • 与えられた課題を達成する過程において、自ら問題を発見、整理、解決する基礎能力と工学デザイン能力
  • 与えられた課題を達成する過程において、グループ討論を通じて得られるチームワーク力(リーダシップ、協調性)
  • 相手に自分の考えを理解してもらえる外国語を含むコミュニケーション能力
  • 社会における技術者の役割や使命を理解し、技術者として必要な倫理や規範を判断できる能力
  • 課題や問題に対して、自律的、継続的に取り組むことができる能力

機械設計システム工学科

 本学科で学業を修めることにより次のような能力を身につけることができます。

  • 社会の要求や制約に応えるため、自主的に計画して、それを継続的に実行できる能力
  • 人と機械との共存や機械と自然との調和を考えるための能力
  • 社会秩序や自然環境保護に対する技術者の責務を考える能力
  • 機械技術者としての工学の基礎および専門知識
  • 自然環境を維持するために、資源とエネルギーの有効利用を考える能力
  • 自分のアイデアを実現できるデザイン能力およびそれを説明するコミュニケーション能力
  • 得られた成果を吟味し、まとめる能力

電子物理工学科

 本学科では,以下の知識や能力を持つ技術者の育成を行っています。

  • 自然界や社会における問題や、科学や技術の社会に対する役割を理解する能力
  • 電子物理工学分野の専門技術者として必要な基礎および専門的な知識と技術
  • コミュニケーション能力
  • 技術者としての倫理観
  • 課題を見出し解決に向けて実践的に対応できる能力

電気システム工学科

 本学科では,以下の能力を持つ技術者の育成を行っています。

  • 技術者にとって必要となる数学を含めた自然科学の知識
  • 電気エネルギーおよび情報通信分野に関する専門技術と実践能力
  • 課題探求能力、課題解決能力およびデザイン能力を有し、多様なグローバル社会の要請に応え得る能力
  • 技術者に求められるコミュニケーション能力
  • 技術者に求められる倫理観
  • 課題や問題に対して、自律的、継続的に取り組むことができる能力

情報システム工学科

 本学科では,以下の能力を持つ技術者の育成を行っています。

  • 問題を環境、人間、文化、社会、国際関係などの側面から多面的にとらえる能力
  • 工学技術が社会に及ぼす影響や技術者としての倫理的責任を理解
  • 数学、物理、化学、生命科学などの工学者としての基礎知識を習得し、それを応用する能力
  • 情報工学に必要な、数学及び情報科学の諸理論を習得し、それらを応用する能力
  • 計算機システムの構成や動作に関する知識を習得し、それを応用する能力
  • 問題解決にコンピュータを適切に利用する能力
  • 総合的視点で問題を分析し、問題を解決する方法を見出す能力
  • 日本語による論理的な記述、プレゼンテーションおよび討議を行う能力
  • 英語による情報を理解し、基礎的なコミュニケーションを行う能力
  • 自ら主体的かつ継続的に学習する素養
  • 与えられた制約の下で課題を解決するための計画を立て、遂行する能力
  • チームとして目標を共有し、コミュニケーションを図りつつ問題解決に取り組む能力

※H25年度以前の工学部ディプロマポリシーはこちら


工学研究科修士課程のディプロマポリシー

 工学研究科では、所定の単位数を修得し、且つ、修士論文審査と最終試験において、学術研究の取組状況と研究成果から、以下に掲げる高度専門技術者としての能力を身につけたことが確認された合格者に対して修士課程の修了を認めると同時に、修士(工学)の学位を与える。

  • 工学分野の高度専門知識を修得して応用できる能力
  • 自ら課題を探求し、その解決に向けて高度専門知識を活用し主体的に考える能力
  • 研究開発を通じて必要となる日本語や英語によるコミュニケーション能力

〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1-1 電話 0985-58-2871 (総務係)

Copyright c 2011, Faculty of Engineering, University of Miyazaki