第13回 宮崎大学工学部テクノフェスタ(体験入学)

平成23年度も次のとおり工学部テクノフェスタ(体験入学)を実施いたします.

○募集要項

 1.体験入学の内容 : 宮崎大学工学部の講義及び実験を体験する。

 2.開催日時 : 平成23年 11月 20日(日)10:00~15:00

 3.募集対象 : 高校1年生~3年生

 4.募集の締切り : 10月28日(金)17:00

 5.費用 : 無料

 6.開催場所 : 宮崎大学工学部


○参加申込方法

E-mail、Fax 又は 郵送 で、10月28日(金)17:00までにお申し込みください。
なるべく、E-mail での申し込みをお願いします。

  申込用紙のダウンロード PDF MS-WORD

  申し込み先
    ・E-mailの場合 : taiken23@cc.miyazaki-u.ac.jp
    ・FAXの場合   : 0985-58-2873
    ・郵送の場合 : 〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1
  
    宮崎大学工学部 体験入学担当 宛


 宮崎大学工学部では、平成24年度から学科の構成が変わる予定です。工学部の新しい学科構成は、環境応用化学科、社会環境システム工学科、環境ロボティクス学科、機械設計システム工学科、電子物理工学科、電気システム工学科、情報システム工学科の7学科です。
 平成23年度のテクノフェスタ(体験入学)は、新しい7学科で参加者の募集を行います。

各学科での実施内容は、以下のとおりです。


◎環境応用化学科(募集人数:30名)

【講義】「夢の新素材 キチン・キトサンの挑戦」-世界の頂点を目指して-

エビやカニ殻に含まれるキチン・キトサンを使って、携帯、PCやテレビ等の廃電子機器から金や白金を回収する研究が宮崎大学で行われており、世界の頂点を目指しています。高校生へメッセージも含めてお話します。

【実験】カニやエビの殻で貴金属・レアメタルを分離・回収しよう!

キチン・キトサンを使って、大量の銅、ニッケル、コバルトなどの混合溶液中から、そこに微量含まれる金やパラジウムなどの貴金属イオンのみを高選択的に吸着できるかどうかを調べ、その実用化の可能性を探ります。


◎社会環境システム工学科(募集人数:30名)

【講義】地盤の液状化現象とは?

液状化とは、地震時に地盤が液体のようになり、重い構造物や舗装は沈み込み、マンホール等の軽い構造物は浮き上がる現象です。先の東北・関東大震災でも大きな問題になりました。午前中の講義では、液状化現象の原理および宮崎市で地震が起こった場合の液状化の可能性などについて説明します。


【実験】地盤の液状化現象とは?

室内実験で、モデルを用いて地盤の液状化を実際に観察し、理解を深めます。


◎環境ロボティクス学科(募集人数:40名)

【講義】ロボットビジョン

近年、ロボットの知覚としてカメラを用いることが一般的になっています。本講義では、その基礎となる物体と画像との幾何学的な関係、画像のフィルタリング、特徴抽出などについて講述します。

【実験】ロボットビジョン演習

ロボットビジョンを用いたロボットの制御においては、撮影した画像データからコンピュータが利用しやすい情報を取り出すために画像処理が行われています。本演習では、画像処理における基本的なアルゴリズムである画像微分についての演習を行います。


◎機械設計システム工学科(募集人数:30名)

【講義】ものの強さや変形を考える-材料力学

現代社会では自動車,鉄道車両,航空機,プラントなど多くの機械や構造物が使用されています.ものの強さや変形の仕組みを考えて,破壊を未然に防いで安全に,かつ効率良く使うことを可能にする学問である材料力学について紹介します.

【実験】ものづくりを通じてものの力と変形を調べる

身近な材料を用いたものづくりの体験を通じて,ものの力と変形を調べます.ここでは,空き缶を使ったアルミ缶ハサミづくりを体験します.そして,ハサミから力を受ける紙の変形を調べて,ハサミで紙が切れる原理や工夫を考えます.


◎電子物理工学科(募集人数:30名)

【講義】光の性質と宇宙の観測

宇宙の研究をする時は、天体望遠鏡などを使って星から出てきた光などを調べています。そこで講義では、光が持つ性質を利用することで、宇宙のどのような様子を解明することができるのかについて紹介します。

【実験】宇宙観測の疑似体験

光のスペクトルを調べることによって、その光源の種類や運動を知ることは、宇宙を研究する上で非常に基本的な方法です。そこで、分光器を作成し、様々な光源のスペクトルを観測することで、講義で紹介した宇宙観測の疑似体験をしてもらいます。


◎電気システム工学科(募集人数:18名)

【講義】回路工学の講義と研究

電気システム工学科で学ぶ電気回路、電子回路、論理回路、集積回路、デジタル信号処理などの回路関係の講義についての内容と卒業研究に関するスイッチドキャパシタ回路、AD変換、センサ信号処理についての研究紹介を行います。

【実験】電子回路のシミュレーション

コンピュータ上で電子回路のシミュレ-ションを体験します。


◎情報システム工学科(募集人数:70名)

【講義】フラクタル ~非整数次元の幾何学~

非整数次元の幾何学として知られているフラクタルの概念は、自然現象を記述するためのモデルとしてとして、CGなどに幅広く応用されています。この講義では、幾何学的測度論の立場から、測度と次元について解説します。

【実験】フラクタル図形を描いてみよう

自然界の風景は一見複雑で不規則な形をしていますが、これらをフラクタル図形であると考えると、単純な規則だけで記述されることがわかります。この授業では、PCを使って簡単なフラクタル図形を描いてみましょう。


たくさんのご応募をお待ちしております。


これまでの実施内容

宮崎大学工学部テクノフェスタは,毎年,宮崎県下より多数の高校生の皆様に参加いただいております.これまでの工学部テクノフェスタにつきましては、以下のリンクからご覧ください。

2010年  2009年   2008年   2007年   2006年