トピックス

  • 全画面プリント

日南市油津に「宮崎大学日南デスク」を開設

2017年05月16日掲載

平成29年5月15日、宮崎大学は、日南市油津にある日南市創客創人センターにおいて、「宮崎大学日南デスク」の開設式を実施した。

 同デスクは、平成29年4月8日に開所した日南市創客創人センターの有効的な利活用と地域活性化の拠点として設置。高校生向けに入試情報などを提供するほか、地域ニーズに合う公開講座の展開やローカルベンチャー支援の連携強化など、幅広い分野で連携を強化していくことを目的としている。

池ノ上克宮崎大学長は、「地域創生における日南市のイノベーションを県民として誇りに思っており、そのような自治体と一緒になって新たな一歩が踏み出せればと思っている」と述べた一方、﨑田恭平日南市長からは「日南市創客創人大学を開始する予定で、第1回目は自らが講義をおこなうが、この取り組みにおいても宮崎大学にも力を貸していただければ」と、強い期待が述べられた。

開設式終了後は、『「域学連携」は地域課題を資源として経済を創る』と題して、開設記念プレゼンテーションを実施。農学部植物生産環境科学科4年の鶴田真也さんと地域資源創成学部の土屋有講師から、日南市を舞台にした「地域」「学生」「企業」のアイデアが重なり合って生まれたビジネスが日本国内から大きな注目を浴びはじめている旨の報告があった。

本学がアウトリーチ活動の一環としてこのような独自のスペースを設置するのは、平成29年1月31日に宮崎市若草通に設置した「宮崎大学まちなかキャンパス」に続いて2例目。

今回の同デスク開設を契機に、これまで以上に日南市や関係機関との連携を強化しながら、ローカルベンチャー支援や地域のニーズに合う公開講座を展開するとともに、地域人材の育成により一層貢献していくこととしており、日南市の更なる活性化が期待される。

写真1 デスクプレート

工学部ものづくり教育実践センター職員が制作したオリジナルのデスクプレート

写真2 﨑田市長

祝辞を述べる﨑田市長

写真3 会場の様子

会場の様子

写真4 テープカット

テープカットの様子 池ノ上学長(中央左)と﨑田市長(中央右)

写真5 﨑田市長、池ノ上学長

左:﨑田市長、右:池ノ上学長

写真6 土屋講師

土屋講師によるプレゼンテーション

ページトップへ