宮崎大学キャリアマネジメント推進機構 - テニュアトラック推進室

宮崎大学型若手研究リーダー育成モデル

若手研究者紹介

宇都 卓也テニュアトラック助教

 

研究分野:工学系 計算化学に基づく生体高分子研究領域

研究課題
:計算化学とデータ駆動型科学の融合による構造多糖材料における界面・高次構造形成メカニズムの解明

着任 
平成30年11月1日

1.略歴

学歴

2006年4月–2010年3月 宮崎大学教育文化学部学校教育課程

2010年4月–2012年3月 宮崎大学大学院工学研究科修士課程物質環境化学専攻

2012年4月–2014年9月 宮崎大学大学院農学工学総合研究科博士後期課程

職歴

2014年4月–2016年3月  日本学術振興会特別研究員(DC2/PD)(宮崎大学工学部)

2016年4月–2018年10月 日本学術振興会特別研究員(PD)

(鹿児島大学大学院理工学研究科)

2018年11月–現在に至る  テニュアトラック助教

(宮崎大学キャリアマネジメント推進機構)

 

2.学位

2014年 博士(工学)(宮崎大学)

 

3.研究内容

セルロース・キチン結晶繊維における溶解・膨潤挙動、結晶転移プロセス、反応機構などを分子シミュレーションとデータ科学的手法を駆使することで解析します。特に、時間・空間的スケールが限定されることや計算精度といった分子シミュレーション上の問題を、拡張アンサンブル手法の適用や分子力場パラメータの開発により解決します。さらに、既存の実験情報や膨大なシミュレーション結果に対して、データ駆動型解析に供することで従来とは異なる次元から構造-機能物性を結び付けます。

 

4.研究業績

査読付き原著論文

  1. Uto, S. Nakamura, K. Yamamoto and J. Kadokawa*; Evaluation of artificial crystalline structure from amylose analog polysaccharide without hydroxy groups at C-2 position, Carbohydrate Polymers 240, 116347–116352 (2020)
  2. Yoshii*, T. Uto*, N. Tachikawa and Y. Katayama; The position of the ether oxygen atom in pyrrolidinium-based room temperature ionic liquids for the physicochemical properties, Physical Chemistry Chemical Physics 22, DOI: 10.1039/d0cp02662j (2020)
  3. Yui* and T. Uto; Docking and molecular dynamics study of the carbohydrate binding module from Trichoderma reesei Cel7A on the surfaces of the cellulose IIII crystal, Journal of Renewable Materials 8, DOI: 10.32604/jrm.2020.010830 (2020)
  4. Uto, M. Minamizaki and T. Yui*; Molecular dynamics simulation of cellulose I–ethylenediamine complex crystal models, The Journal of Physical Chemistry B 124, 134–143 (2019)
  5. Uto, S. Idenoue, K. Yamamoto and J. Kadokawa*; Understanding dissolution process of chitin crystal in ionic liquids: Theoretical study, Physical Chemistry Chemical Physics 20, 20669–20677 (2018)
  6. Uto and T. Yui*; DFT optimization of isolated molecular chain sheet models constituting native cellulose crystal structures, ACS Omega 3, 8050–8058 (2018)
  7. Uto and T. Yui*; Higher ordered structure of cellulose predicted by computational chemistry: cellulose nanotube in cyclohexane and ethyl acetate, Journal of Fiber Science and Technology 74, 171–176 (2018)
  8. Uto, Y. Kodama, T. Miyata and T. Yui*; Molecular dynamics simulations of theoretical cellulose nanotube models, Carbohydrate Polymers 190, 331–338 (2018)
  9. Yui*, T. Uto, T. Nakauchida, K. Yamamoto and J. Kadokawa*; Double helix formation from non-natural amylose analog polysaccharides, Carbohydrate Polymers 189, 184–189 (2018)
  10. Uto, K. Yamamoto and J. Kadokawa*; Cellulose crystal dissolution in imidazolium-based ionic liquids: A theoretical study, The Journal of Physical Chemistry B 122, 258–266 (2017)
  11. Uto, S. Mawatari and T. Yui*; Theoretical study of the structural stability of molecular chain sheet models of cellulose crystal allomorphs, The Journal of Physical Chemistry B 118, 9313–9321 (2014)
  12. Uto, T. Miyata and T. Yui*; Prediction of cellulose nanotube models through density functional theory calculations, Cellulose 21, 87–95 (2014)
  13. Uto, T. Hosoya, S. Hayashi and T. Yui*; Partial crystalline transformation of solvated cellulose IIII crystals, reproduced by theoretical calculations, Cellulose 20, 605–612 (2013)

 

5.外部研究資金

科学研究費補助金 若手研究「計算化学とデータ科学の融合による構造多糖材料における界面メカニズムの解明」研究分担者、令和2年度~令和4年度 配分額4,290千円

 

連絡先

宇都 卓也 (宮崎大学キャリアマネジメント推進機構 テニュアトラック推進室)

〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1丁目1番地

 宮崎大学工学部A棟516

 Tel:0985-58-7394 (内線:7394)

 E-mail: t.uto(at)cc.miyazaki-u.ac.jp (at)を@にかえて下さい。

 

若手研究者

このページの先頭へ