宮崎大学テニュアトラック推進機構

宮崎大学型若手研究リーダー育成モデル

若手研究者紹介

中村 健介テニュアトラック准教授

研究分野:獣医内科学

研究課題:心エコー図検査による循環・呼吸器疾患の診断

着任 平成29年4月1日

 

 

1.略歴

2005年  3月 北海道大学 獣医学部卒業
2005年  4月 酪農学園大学附属動物病院 内科研修医
2007年10月 北海道大学大学院 獣医学研究科 博士課程入学
2010年12月 北海道大学大学院 獣医学研究科 博士課程卒業
2011年  1月 北海道大学大学院  博士研究員(日本学術振興会特別研究員PD)
2011年  9月 北海道大学大学院 獣医学研究科 附属動物病院 助教
2017年  4月 現職

 

2.研究内容紹介

後日掲載予定

 

3.業績

Original article(査読あり)

  1. Nakamura K, Sasaki N, Yoshikawa M, Ohta H, Hwang SJ, Mimura T, Yamasaki M, Takiguchi M.* Quantitative contrast-enhanced ultrasonography of canine spleen. Vet Radiol Ultrasound. 2009;50:104-108.
  2. Yamasaki M,* Nakamura K, Tamura N, Hwang SJ, Yoshikawa M, Sasaki N, Ohta H, Yamato O, Maede Y, Takiguchi M. Effects and mechanism of action of ionophorous antibiotics Valinomycin and Salinomycin-Na on Babesia gibsoni in vitro. J Parasitol. 2009;95:1532-1538.
  3. ○Nakamura K, Takagi S, Sasaki N, Bandula Kumara WR, Murakami M, Ohta H, Yamasaki M, Takiguchi M.* Contrast-enhanced ultrasonography for characterization of canine focal liver lesions. Vet Radiol Ultrasound. 2010;51:79-85.
  4. Hwang SJ, Yamasaki M,* Nakamura K, Sasaki N, Murakami M, Wickramasekara Rajapakshage BK, Ohta H, Maede Y, Takiguchi M. Development and Characterization of a Strain of Babesia gibsoni Resistant to Diminazene Aceturate in Vitro. J Vet Med Sci. 2010;72:765-771.
  5. Hwang SJ, Yamasaki M,* Nakamura K, Sasaki N, Murakami M, Wickramasekara Rajapakshage BK, Ohta H, Maede Y, Takiguchi M. Reduced transcript levels of the heat shock protein 70 gene in diminazene aceturate-resistant Babesia gibsoni variants under low concentrations of diminazene aceturate. Jpn J Vet Res. 2010;58:155-164.
  6. ○Nakamura K, Sasaki N, Murakami M, Bandula Kumara WR, Ohta H, Yamasaki M, Takagi S, Osaki H, Takiguchi M.* Contrast-enhanced Ultrasonography for Characterization of Focal Splenic Lesions in Dogs. J Vet Intern Med. 2010;51:1290-1297.
  7. Yamasaki M,* Kobayashi Y, Nakamura K, Sasaki N, Murakami M, Bandula WRK, Ohta H, Yamato O, Maede Y, Takiguchi M. Babesia gibsoni: Detection in blood smears and formalin-fixed, paraffin-embedded tissues using deoxyribonucleic acid in situ hybridization analysis. Exp Parasitol. 2011;127:119-126.
  8. Yamasaki M,* Ishida M, Nakamura K, Sasaki N, Murakami M, Kumara WR, Tamura Y, Lim SY, Ohta H, Takiguchi M. Detection of anti-Babesia gibsoni heat shock protein 70 antibody and anti-canine heat shock protein 70 antibody in sera from Babesia gibsoni-infected dogs. Vet Parasitol. 2011;180:215-225.
  9. Ohta H*, Yamaguchi T, Bandula WRK, Murakami M, Sasaki N, Nakamura K, Hwang SJ, Yamasaki M, Takiguchi M. Expression and subcellular localization of apical junction complex proteins in canine duodenal and colonic mucosa. Am J Vet Res. 2011;72:1046-1051.
  10. Nakamura K, Yamasaki M, Ohta H, Sasaki N, Murakami M, Bandula Kumara WR, Takiguchi M.* Effects of sildenafil citrate on five dogs with Eisenmenger’s syndrome. J Small Anim Pract. 2011;52:595-598.
  11. Yamasaki M,* Tamura N, Nakamura K, Sasaki N, Murakami M, Rajapakshage W, Kumara B, Tamura Y, Lim SY, Ohta H, Takiguchi M. Effects and Mechanisms of Action of Polyene Macrolide Antibiotic Nystatin on Babesia gibsoni In Vitro. J Parasitol. 2011;97:1190-1192.

 

  1. Wickramasekara Rajapakshage BK, Yamasaki M, Hwang SJ, Sasaki N, Murakami M, Tamura Y, Lim SY, Nakamura K, Ohta H, Takiguchi M.* Involvement of mitochondrial genes of Babesia gibsoni in resistance to diminazene aceturate. J Vet Med Sci. 2012;74:1139-48.
  2. Rajapakshage BK, Yamasaki M,* Murakami M, Tamura Y, Lim SY, Osuga T, Sasaki N, Nakamura K, Ohta H, Takiguchi M. Analysis of energy generation and glycolysis pathway in diminazene aceturate-resistant Babesia gibsoni isolate in vitro. Jpn J Vet Res. 2012;60:51-61.
  3. Sasaki N, Kudo N, Nakamura K, Lim SY, Murakami M, Bandula Kumara WR, Tamura Y, Ohta H, Yamasaki M, Takiguchi M.* Activation of microbubbles by short-pulsed ultrasound enhances the cytotoxic effect of cis-diamminedichloroplatinum (II) in a canine thyroid adenocarcinoma cell line in vitro. Ultrasound Med Biol. 2012;38:109-118.
  4. Osuga T, Nakamura K, Lim SY, Tamura Y, Kumara WR, Murakami M, Sasaki N, Morishita K, Ohta H, Yamasaki M and Takiguchi M.* Repeatability and reproducibility of measurements obtained via two-dimensional speckle tracking echocardiography of the left atrium and time-left atrial area curve analysis in healthy dogs. Am J Vet Res. 2013;74:864-869.
  5. Lim SY, Nakamura K, Morishita K, Sasaki N, Murakami M, Osuga T, Ohta H, Yamasaki M and Takiguchi M.* Qualitative and quantitative contrast enhanced ultrasonography of the pancreas using bolus injection and continuous infusion methods in normal dogs. J Vet Med Sci. 2013;75:1601-1607.
  6. Tamura Y, Ohta H, Torisu S, Yuki M, Yokoyama N, Murakami M, Lim SY, Osuga T, Morishita K, Nakamura K, Yamasaki M and Takiguchi M.* Markedly increased expression of interleukin-8 in the colorectal mucosa of inflammatory colorectal polyps in miniature dachshunds. Vet Immunol Immunopathol. 2013;156:32-42.
  7. Ohta H,* Takada K, Sunden Y, Tamura Y, Osuga T, Lim SY, Murakami M, Sasaki N, Rajapakshage BK, Nakamura K, Yamasaki M and Takiguchi M. CD4+ T Cell Cytokine Gene and Protein Expression in Duodenal Mucosa of Dogs with Inflammatory Bowel Disease. J Vet Med Sci. 2014;76:409-414.
  8. Lim SY, Nakamura K, Morishita K, Sasaki N, Murakami M, Osuga T, Ohta H, Yamasaki M, Takiguchi M.* Qualitative and quantitative contrast-enhanced ultrasonographic assessment of cerulein-induced acute pancreatitis in dogs. J Vet Intern Med. 2014;28:496-503.
  9. ○Nakamura K,* Lim SY, Ochiai K, Yamasaki M, Ohta H, Morishita K, Takagi S and Takiguchi M. Contrast-enhanced Ultrasonographic Findings in Three Canine Patients Diagnosed with Pancreatic Insulinoma. Vet Radiol Ultrasound. 2015;56:55-62.
  10. ○Nakamura K, Osuga T, Morishita K, Suzuki S, Morita T, Yokoyama N, Ohta H, Yamasaki M, Takiguchi M.* Prognostic Value of Left Atrial Function in Dogs with Chronic Mitral Valvular Heart Disease. J Vet Intern Med. 2014;28:1746-1752.
  11. Osuga T, Nakamura K, Morita T, Lim SY, Nisa K, Yokoyama N, Sasaki N, Morishita K, Ohta H, Takiguchi M.* Vitamin D Status in Different Stages of Disease Severity in Dogs with Chronic Valvular Heart Disease. J Vet Intern Med. 2015;29:1518-23.

 

  1. Osuga T, Nakamura K, Morita T, Lim SY, Yokoyama N, Morishita K, Ohta H, Takiguchi M.* (First two authors have equally contribution) Effects of various cardiovascular drugs on indices obtained with two-dimensional speckle tracking echocardiography of the left atrium and time-left atrial area curve analysis in healthy dogs. Am J Vet Res. 2015 Aug;76(8):702-9.
  2. ○Nakamura K,* Morita T, Osuga T, Morishita K, Sasaki N, Ohta H, Takiguchi M. Prognostic Value of Right Ventricular Tei Index in Dogs with Myxomatous Mitral Valvular Heart Disease. J Vet Intern Med. 2016;30:69-75.
  3. ○Osuga T, Nakamura K, Takiguchi M,* et al. (First two authors have equally contribution). Effects of acute volume loading on the left atrial phasic function in healthy dogs. Am J Vet Res. 2016;77:952−
  4. Morita T, Nakamura K, Takiguchi M,* et al (First two authors have equally contribution). The repeatability and reproducibility of right ventricular Tei index derived from 3 different methods in dogs. Am J Vet Res. 2016;77:715−
  5. Yamasaki M,* Tsuboi Y, Taniyama Y, Uchida N, Sato R, Nakamura K, Ohta H, Takiguchi M. Molecular cloning, phylogenetic analysis and heat shock response of Babesia gibsoni heat shock protein 90. The Journal of veterinary medical science 2016;78:1355-1360

 

Brief communication(査読あり)

  1. Ohta H,* Takada K, Torisu S, Yuki M, Tamura Y, Yokoyama N, Osuga T, Lim SY, Murakami M, Sasaki N, Nakamura K, Yamasaki M and Takiguchi M. Expression of CD4+ T cell cytokine genes in the colorectal mucosa of inflammatory colorectal polyps in miniature dachshunds. Vet Immunol Immunopathol. 2013;155:259-263.

 

Case report(査読あり)

  1. Ohta H,* Takagi S, Murakami M, Sasaki N, Yoshikawa M, Nakamura K, Hwang SJ, Yamasaki M, Takiguchi M. Primary splenic torsion in a Boston terrier. J Vet Med Sci. 2009;71:1533-1535.
  2. Nakamura K, Yamasaki M,* Osaki T, Ohta H, Sasaki N, Aoshima K, Kimura T, Takiguchi M. Bilateral segmental aplasia with unilateral uterine horn torsion in a Pomeranian dog. J Am Anim Hosp Assoc. 2012;48:327-330.
  3. Nakamura K,* Tohyama N, Yamasaki M, Ohta H, Morishita K and Takiguchi M. Hypercalcemia in a dog with chronic ingestion of maxacalcitol ointment. J. Am. Anim. Hosp. Assoc., 2016;52:256-258

 

総説

  1. 中村健介,滝口満喜:Feature Article. —腹部エコー検査のススメ— 小動物臨床における超音波造影剤の可能性, Companion Animal Practice, チクサン出版, 第23巻3号, pp. 23-28, 2008.
  2. 中村健介,滝口満喜:超音波を使いこなそう・1 胆道系を診る, InfoVets, アニマル・メディア社, 第12巻5号, pp. 25-28, 2009
  3. 中村健介,滝口満喜:超音波を使いこなそう・2 門脈を診る, InfoVets, アニマル・メディア社, 第12巻7号, pp. 34-38, 2009.
  4. 中村健介,滝口満喜:超音波を使いこなそう・3 動脈、静脈、リンパ節を診る, InfoVets, アニマル・メディア社, 第12巻9号, pp. 52-56, 2009.
  5. 中村健介,滝口満喜:超音波を使いこなそう・4 副腎を診る, InfoVets, アニマル・メディア社, 第12巻11号, pp. 28-32, 2009.
  6. 中村健介,滝口満喜:超音波を使いこなそう・5 甲状腺・上皮小体を診る, InfoVets, アニマル・メディア社, 第13巻1号, pp. 42-45, 2010.
  7. 中村健介,滝口満喜:超音波を使いこなそう・6 幽門部を診る, InfoVets, アニマル・メディア社, 第13巻3号, pp. 31-34, 2010.
  8. 滝口満喜, 中村健介:“診る目を養う”超音波検査 黄疸を超音波で鑑別する(1)胆道系の超音波検査, SA medicine, interzoo, 第12巻5号, pp. 79-85, 2010.
  9. 中村健介, 滝口満喜:“診る目を養う”超音波検査 黄疸を超音波で鑑別する(2)肝実質の超音波検査, SA medicine, interzoo, 第12巻6号, pp. 65-69, 2010.
  10. 中村健介, 滝口満喜:“診る目を養う”超音波検査 肝臓腫瘤を超音波で鑑別する, SA medicine, interzoo, 第13巻1号, pp. 101-107, 2011.
  11. 中村健介, 滝口満喜:“診る目を養う”超音波検査 門脈シャントを超音波で診断する, SA medicine, interzoo, 第13巻2号, pp. 86-90, 2011.
  12. 滝口満喜, 中村健介:“診る目を養う”超音波検査 嘔吐の原因を超音波で探る(1)胃の超音波検査, SA medicine, interzoo, 第13巻3号, pp. 72-78, 2011.
  13. 中村健介, Feature Article「肝疾患の検査と診断 解釈のポイント」画像診断による肝臓の系統的アプローチ〜X線・超音波検査の次に何をすべきか?〜, CAP 288:28-36, 2013年6月
  14. 中村健介, 特集「咳 −循環器科と呼吸器科のアプローチ−」Chapter4 循環器科の症例評価と治療, Veterinary Circulation 2(3):37-50, インターズー, 2013年8月
  15. 中村健介, 特集「胸水」Chapter 1 貯留のメカニズムと抜去テク, Veterinary Circulation 3(3):6-12, インターズー, 2014年8月
  16. 中村健介, 特集「肝臓腫瘍」肝臓超音波検査・ソナゾイド, Japanese Journal of Veterinary Clinical Oncology 10(2):24-28, ファームプレス, 2014年9月
  17. 中村健介, Feature Article「犬と猫の膵炎〜今知っておくべきこと」新しい画像検査 膵臓の造影超音波検査, J-VET 28(1):30-35, インターズー, 2015年1月
  18. 中村健介, 特集「動物循環器疾患研究の最前線」心エコー図検査による左心房機能解析の妥当性と有用性, 獣医畜産新報 1124:175-178, 文永堂出版, 2015年3月
  19. 中村健介, 特集「脾臓の腫瘤のアプローチと治療」脾臓腫瘤の画像診断, Veterinary Oncology 6:12-21, インターズー, 2015年4月
  20. 中村健介, close up「嘔吐を主訴とする症例における超音波検査の使い方」, CAP 312:95-99, 緑書房, 2015年6月
  21. 中村健介, 特集「一目でわかる症候シリーズ3心雑音・チアノーゼ」心房中隔欠損症, SA Medicine 17(3):34-37, インターズー, 2015年6月
  22. 中村健介, 連載「胸部のX線画像―症例からみる胸部の画像診断―」第16回 突然の呼吸困難と食欲廃絶を示した犬の1例, Clinic Note 11(7):41-51, インターズー, 2015年7月
  23. 中村健介, 特集「猫の肥大型心筋症と大動脈血栓塞栓症」肥大型心筋症の病態生理と診断, J-VET 29(1):8-19, インターズー, 2016年1月
  24. 中村健介, 特集「犬の呼吸器症状の治療 −末梢気道および肺実質の疾患−」末梢気道および肺実質疾患の治療②誤嚥性肺炎, Clinic Note, 12(1):56-61, インターズー, 2016年1月
  25. 中村健介, 特集「犬の呼吸器症状の治療 −末梢気道および肺実質の疾患−」末梢気道および肺実質疾患の治療②肺高血圧症, Clinic Note, 12(1):48-55, インターズー, 2016年1月
  26. 中村健介, 特集「一目でわかる症候シリーズ7発咳」肺炎, SA Medicine 18(1):22-25, インターズー, 2016年1月

 

著書

  1. 中村健介, 第5章 胸部, “犬と猫の超音波診断マニュアル”(Frances Barr, Lorrie Gaschen編、滝口満喜監訳)”, pp32-40, 学窓社, 2013年10月
  2. 中村健介, 第6章 心臓, “犬と猫の超音波診断マニュアル”(Frances Barr, Lorrie Gaschen編、滝口満喜監訳)”, pp41-74, 学窓社, 2013年10月
  3. 中村健介, 第8章 肝臓, “犬と猫の超音波診断マニュアル”(Frances Barr, Lorrie Gaschen編、滝口満喜監訳)”, pp88-102, 学窓社, 2013年10月
  4. 中村健介, 第9章 脾臓, “犬と猫の超音波診断マニュアル”(Frances Barr, Lorrie Gaschen編、滝口満喜監訳)”, pp103-113, 学窓社, 2013年10月
  5. 中村健介, SECTION B 診断検査, “猫の心臓病 臨床とエビデンスにもとづく診断と治療”(Etienne Cote, Kristin A. MacDonald, Kathryn Montgomery Meurs, Meg M. Sleeper編、堀泰智監訳), pp31-74, インターズー, 2015年7月
  6. 中村健介, 第2章循環器疾患 猫の肥大型心筋症, “犬と猫の治療ガイド2015 私はこうしている”(辻本元、小山秀一、大草潔、兼島孝編), pp114-117, インターズー, 2015年9月

 

国際学会発表

  1. Nakamura K, Yamasaki M, Ohta H, Takiguchi M. [Usefulness of Contrast-enhanced Ultrasonography for Characterization of Focal Liver Lesions.] 2009 American College of Veterinary Internal Medicine Forum, Montreal, Canada, June 2009. Research Abstract Program p.783.
  2. Nakamura K, Yamasaki M, Ohta H, Takiguchi M. [Contrast-Enhanced Ultrasonography With Sonazoid® for Characterization of Focal Splenic Lesions.] 2010 American College of Veterinary Internal Medicine Forum, Anaheim, CA, USA, June 2010. Research Abstract Program p.665.
  3. Nakamura K, Yamasaki M, Ohta H, Lim SY, Takiguchi M. [Differential Diagnosis of Canine Liver Nodules with Sonazoid-enhanced Ultrasonography.] The Joint Congress of VRVC-AMAMs 2011, Impact Muang Thong Thani, Thailand, 10th, May 2011. Proceedings p.478.
  4. Nakamura K, Yamasaki M, Ohta H, Takiguchi M. [Effects of Sildenafil Citrate on Dogs with Eisenmenger’s Syndrome.] 2011 American College of Veterinary Internal Medicine Forum, Denver, CO, USA, 17th, June 2011. Research Abstract Program p.660.
  5. Nakamura K, Osuga T, Yamasaki M, Ohta H, M. Takiguchi. [Left Atrial Function Analysis by Left Atrial Tracking Method in Canine Chronic Mitral Valvular Heart Disease.] 2012 American College of Veterinary Internal Medicine Forum, New Orleans, LA, USA, 1st, June 2012. Research Abstract Program p.720.
  6. Nakamura K, Osuga T, Suzuki S, Morishita K, Ohta H, Yamasaki M, Takiguchi M. [Prognostic Value of Left Atrial Function in Dogs With Chronic Mitral Valvular Heart Disease.] 2014 American College of Veterinary Internal Medicine Forum, Nashville, TN, USA, 4th-7th, June 2014. Research Abstract Program.
  7. Nakamura K, Nasu K, Takagi S, Kagawa Y, Takiguchi M. [Differentiation of Canine Hepatic Masses by Triple-Phase Computed Tomography] International Veterinary Radiology Association 17th meeting, Fremantle, Western Australia, 16th-21st, Aug 2015.
  8. Nakamura K, Osuga T, Morita T, Morishita K, Ohta H, Yamasaki M, Takiguchi M. [The Utility of Spectral Doppler of the Hepatic Vein in Dogs with Tricuspid Regurgitation.] 2016 American College of Veterinary Internal Medicine Forum, Denver, CO, USA, 9th-10th, June 2016. Research Abstract Program.

 

国内学会(招待講演)

  1. 中村健介、日本小動物獣医学会教育講演「犬の肝腫瘤性病変の診断と治療指針」造影超音波検査による肝腫瘤性病変診断の最前線、平成23年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会、2012年2月、札幌
  2. 中村健介、シンポジウム「肺高血圧症の治療を見直す:肺動脈性肺高血圧症の治療〜先天性・その他〜」、第97回日本循環器学会、2013年1月、福岡
  3. 中村健介、教育講演「肝腫瘤性病変の造影超音波検査」、第9回日本獣医内科学アカデミー学術大会、2013年2月、横浜
  4. 中村健介、JCVIM循環器シンポジウム「犬の僧帽弁閉鎖不全症の重症度判定と外科療法」左心房機能に着目した心エコー図検査による新たな重症度判定法、第9回日本獣医内科学アカデミー学術大会、2013年2月、横浜
  5. 中村健介、シンポジウム「肝臓腫瘍」肝臓超音波検査・ソナゾイド、日本獣医がん学会、2014年1月、大阪
  6. 中村健介、ワークショップ「肺高血圧の診断・治療」、日本獣医内科学アカデミー第10回学術大会、2014年2月、横浜
  7. 中村健介、教育講演「クイズで学ぶ胸部画像診断」、日本獣医内科学アカデミー第10回学術大会、2014年2月、横浜
  8. 中村健介、教育講演「X線検査でわかること、超音波検査でわかること」、第55回日本獣医画像診断学会、2014年6月、大宮
  9. 中村健介、市民公開講座「獣医のお仕事—動物と人の健康を守るために活躍する獣医さん−小動物臨床の現場から」、第157回日本獣医学会学術集会・司宰機関企画市民公開講座、2014年9月、札幌
  10. 中村健介、シンポジウム「動物循環器研究の最前線」心エコー図検査による左心房機能解析の妥当性と有用性、第157回日本獣医学会学術集会、2014年9月、札幌
  11. 中村健介、獣医師ランチョンセミナー「エビデンスに基づいた猫の心筋症および慢性腎疾患の治療方針」、北海道小動物獣医師会年次大会2014、2014年11月、札幌
  12. 中村健介、ランチョンセミナー「心臓だけじゃもったいない!ドプラ法の真の実力」、第35回動物臨床医学年次大会、2014年11月、大阪
  13. 中村健介、パネルディスカッション「本音で語る犬と猫の膵炎」、第11回日本獣医内科学アカデミー学術大会、2015年2月、横浜
  14. 中村健介、教育講演「クイズで学ぶ胸部画像診断」、第11回日本獣医内科学アカデミー学術大会、2015年2月、横浜
  15. 中村健介、ランチョンセミナー「形態変化のその先へ−腹部エコーにおける血行評価−」、第64回獣医学術九州地区学会、2015年10月、熊本
  16. 中村健介、ランチョンセミナー「心エコーから考える薬の効き目」、第103回日本獣医循環器学会、2015年12月、札幌
  17. 中村健介、教育講演「エコーを活用した病態生理から考える腹水の鑑別診断」、第12回日本獣医内科学アカデミー学術大会、2016年2月19日、横浜
  18. 中村健介、教育講演「心エコーで予後を評価する−犬の僧帽弁疾患の場合」、第12回日本獣医内科学アカデミー学術大会、2016年2月20日、横浜
  19. 中村健介、日本小動物獣医学会シンポジウム「超音波定量診断技術の最前線」新しい心エコー図指標を用いた心不全の予後評価、平成27年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会、2016年2月27日、秋田
  20. 中村健介、シンポジウム「呼吸と循環を考える 3」呼吸器疾患に関連した肺高血圧の治療」、第12回日本獣医内科学アカデミー学術大会、2016年12月3日、福岡

 

4.外部研究資金

  1. 肝臓腫瘤診断における造影超音波検査の応用に関する研究ー診断から分化度の評価へー 日本学術振興会: 特別研究員奨励費 研究期間: 2010年4月 – 2012年3月 代表者: 中村健介
  2. 新たな心エコー図検査スペックルトラッキング法による心房機能解析 〜負荷に対して心房は如何に反応するのか〜 栗林育英学術財団: 研究助成(個人研究の部) 研究期間: 2012年4月 – 2013年3月 代表者: 中村健介
  3. 心房機能解析は心不全発症を予測する新規検査法となり得るか 北海道大学: 平成24年度総長室事業推進経費(公募型プロジェクト研究等支援経費)「若手研究者自立支援」 研究期間: 2012年4月 – 2013年3月 代表者: 中村健介
  4. 心房機能に着目した僧帽弁閉鎖不全症の予後評価法と治療戦略の策定を目指して 文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B)) 研究期間: 2013年4月 – 2016年3月 代表者: 中村 健介
  5. 動物自然発生腫瘍に対するマイクロバブル併用超音波照射による実用的な新規がん治療 文部科学省: 科学研究費補助金(基盤(B)) 研究期間: 2014年4月– 2017年3月 代表者: 滝口 満喜、分担者:中村 健介
  6. 右心機能に心エコーがどこまで迫れるのか?-肺高血圧症モデルを用いた検討- 文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B)) 研究期間: 2016年4月– 2019年3月 代表者: 中村 健介

 

5.連絡先

中村 健介 
獣医師、獣医学博士
宮崎大学 テニュアトラック推進機構

獣医内科学分野
〒889-2192 
宮崎市学園木花台西1丁目1番地
獣医棟 教員研究室106
TEL 0985-58-7865

E-mail: kenvet☆cc.miyazaki-u.ac.jp
            kenvet1227☆gmail.com

☆を@に代えて送信して下さい。

 

若手研究者

このページの先頭へ