宮崎大学テニュアトラック推進機構

宮崎大学型若手研究リーダー育成モデル

OB研究者紹介

山子 剛 H29.10.1~テニュア職(工学教育研究部 准教授)

2017.10.5

学部:工学教育研究部 准教授

(テニュア審査後、工学教育研究部 准教授としてテニュア職)

山子教員のホームページ

1.略歴

2007年3月 新潟大学大学院自然科学研究科材料生産システム専攻・博士後期課程修了 博士(工学)
2007年  4月 新潟大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー
2010年  4月 瑞穂医科工業株式会社
2010年11月 宮崎大学 医学部整形外科研究室
2012年10月~宮崎大学 テニュアトラック推進機構 (バイオエンジニアリング分野)
2016年 5月~ Orthopaedic Research Laboratory., Radboud University Medical Center, Guest Researcher
2017年10月 宮崎大学工学教育研究部 准教授

2.テニュアトラック期間中の研究分野と研究課題
    研究分野:工学系 バイオエンジニアリング(生体工学)分野
  研究課題:患者別計算モデルに基づく生体力学的イメージング

3.研究内容

健康・安全・快適・楽しさのある高齢・福祉社会,質の高い生活の実現を目指して,骨・関節などの運動器が持つ力学的機能の解明等の基礎的研究から,応用としての医療機器・ソフトウエアの開発(ものづくり)まで幅広く活動しています。「医工」「国際」「産官学」連携の中で,医師・技術者と共に臨床現場で直面する種々の課題に対して工学的手法を用いて解決を試みるバイオメカニクス研究に焦点を絞り取り組んでいます。

詳しい研究内容はこちら(http://www.cc.miyazaki-u.ac.jp/yamako/

 

4.研究業績

論文(着任後・抜粋)     *:Corresponding author

  • Yamako G*, Janssen D, Hanada S, Anijs T, Ochiai K, Totoribe K, Chosa E, Verdonschot N. Improving stress shielding following total hip arthroplasty by using a femoral stem made of β type Ti-33.6Nb-4Sn with a Young’s modulus gradation. Journal of Biomechanics 2017 [in press].
  • Nakatake J*, Totoribe K, Chosa E, Yamako G, Miyazaki S. Influence of gender differences on range of motion and joint angles during eating in young, healthy Japanese adults. Progress in Rehabilitation Medicine 2017; Vol. 2, 20170011.
  • Yamako G*, Deng G, Totoribe K, Chosa E. A novel protocol to test age-related decreases in sit-to-stand movement abilities in healthy subjects. J Orthopaedic Science 2016 Jul;21(4):517-523.
  • Yamako G*, Chosa E, Totoribe K, Watanabe S, Sakamoto T. Trade-off between stress shielding and initial stability on an anatomical cementless stem shortening: in-vitro biomechanical study. Medical Engineering & Physics 2015 Aug;37(8):820-5.
  • Yamako G*, Chosa E, Totoribe K, Hanada S, Masahashi N, Yamada N, Itoi E. In-vitro biomechanical evaluation of stress shielding and initial stability of a low-modulus hip stem made of β type Ti-33.6Nb-4Sn alloy. Medical Engineering & Physics 2014 Dec;36(12):1665-71.
  • Yamako G*, Chosa E, Zhao X, Totoribe K, Watanabe S, Sakamoto T, Nakane N. Load-transfer Analysis after Insertion of Cementless Anatomical Femoral Stem Using Pre- and Post-operative CT images based Patient-specific Finite Element Analysis. Medical Engineering & Physics 2014 Jun;36(6):694-700.
  • Ouchi K, Deng G*, Yamako G, Chosa E, Nakanishi T. Evaluation of the Stress Shielding for Three Types of Implanted Femurs Based on Stress Distribution. Applied Mechanics and Materials 2014 459:524-529.
  • Hanada S*, Masahashi N, Jung TK, Yamada N, Yamako G, Itoi E. Fabrication of a high-performance hip prosthetic stem using β Ti-33.6Nb-4Sn. Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials 2014 Feb;30:140-9.
  • Zhao X*, Chosa E, Yamako G, Watanabe S, Deng G, Totoribe K. Effect of acetabular reinforcement ring with hook for acetabular dysplasia clarified by three-dimensional finite element analysis. Journal of Arthroplasty 2013 Dec;28(10):1765-9.

 

特許(着任後)

  • 特開2016-202871
  • 特開2016-101242

 

外部資金(着任後)

  • 2017-2019年度 科研費 基盤研究(C)[代表]
  • 2016-2017年度 科研費 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)[代表]
  • 2015-2016年度 JST マッチングプランナープログラム「探索試験」[代表]
  • 2014-2016年度 AMED 医工連携事業化推進事業 [分担]
  • 2014-2015年度 科研費 若手研究(B)[代表]
  • 2013年度 中小企業庁 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン) [分担]
  • その他(共同研究費・奨学寄附金・特許実施料など)

 

連絡先

〒889-2191 宮崎市学園木花台西1-1
宮崎大学 工学部 機械設計システム工学科 山子研究室
メールアドレス: g.yamako ◆ cc.miyazaki-u.ac.jp
※「◆」記号を「@」に置き換えて下さい。

 

過去の記事

このページの先頭へ