学科・大学院

畜産草地科学コース
(3ポリシー)

アドミッションポリシー

 教育理念・目標に掲げた人材を育成するために、本研究科では以下のような人を積極的に受け入れます。

 自給飼料に基盤をおいた資源循環・低投入持続型畜産に関する大学学部レベル相当の基礎的・応用的知識を備え、これらに関する英語による基礎的な表現・読解力を有する人。食料・飼料自給率の向上や自然・社会環境と畜産物生産システムとの調和に関する諸課題を分析・考察し、解決策を提示する基礎的能力を有する人。国内外の「食料・農業・農村」をめぐる諸課題の解決に積極的に取り組む意欲を有する人。

カリキュラムポリシー

1.環境調和型・持続生産型の安全で高品質な畜産物生産システムに関する高度な専門的知識・技術を修得するための科目の設置。
2.自然環境と調和のとれた持続的な畜産草地生産システムの構築に関する諸課題に、多面的観点から論議し、解決策を提示する能力を養成する科目の設置。
3.国内外の「食料・農業・農村」をめぐる諸課題に、高度専門職業人としての倫理性・協調性の下、自らの考えを提示・表現できる能力を涵養する科目の設置。
4.国際性を涵養するための科目の設置。

ディプロマポリシー

 宮崎大学大学院農学研究科では、所定の期間在籍し、以下の素養を身につけるとともに、基準となる単位を修得した学生に修了を認定し、学位(修士号)を授与する。
 ①食料、環境、資源及び生命に関する高度な専門知識や技術を有している。
 ②自然環境と調和のとれた持続的生産社会を構築するために、問題点や原因について専門的・論理的に説明し、その解決策を提案できる。
 ③国際社会で、協調性と高い倫理性を持って、自ら持続的に行動できる。
 ④研究成果を論理的に説明するためのプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を有している。

【畜産草地科学科コース】
1.環境調和型・持続生産型の安全で高品質な畜産物生産システムに関する高度な専門的知識や技術を有する。
2.自然環境と調和のとれた持続的な畜産草地生産システムを構築するために求められる諸課題を、多面的観点から論述し、解決策を提示できる。
3.地域・国際社会の「食料・農業・農村」をめぐる諸課題に、協調性、高い倫理性を持ちながら、自らの考えを提示・表現できる能力に習熟する。


PAGE TOP