学科・大学院

応用生物科学科コース
(3ポリシー)

アドミッションポリシー

 教育理念・目標に掲げた人材を育成するために、本研究科では以下のような人を積極的に受け入れます。

 動物、植物、微生物、ならびにそれらを利用した食品が持つ機能やそれらを育む土壌が持つ機能を、生化学的、遺伝子工学的あるいは食品機能化学的に解明するための基礎学力を有している人。応用生物化学、微生物機能開発学、植物機能科学が関わる生物機能科学、および食品科学、栄養化学が関わる食品機能化学に関連するより高度な専門知識と技術を身につけたい人。応用生物科学分野で国際的に活躍する意欲のある人。

カリキュラムポリシー

1.自然環境や国土の保全、水資源の安定的な利用など、安全で快適な生活環境と生物資源利用の調和を目指した森林緑地管理を計画・実行に関する高度な専門的知識を修得するための科目の設置。
2.樹木・菌類、非生物材料等の特性を深く理解し、環境と調和した材料の開発や緑化を実践するための科目の設置。
3.国際性を涵養するための科目

ディプロマポリシー

 宮崎大学大学院農学研究科では、所定の期間在籍し、以下の素養を身につけるとともに、基準となる単位を修得した学生に修了を認定し、学位(修士号)を授与する。
 ①食料、環境、資源及び生命に関する高度な専門知識や技術を有している。
 ②自然環境と調和のとれた持続的生産社会を構築するために、問題点や原因について専門的・論理的に説明し、その解決策を提案できる。
 ③国際社会で、協調性と高い倫理性を持って、自ら持続的に行動できる。
 ④研究成果を論理的に説明するためのプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を有している。

【応用生物科学コース】
1.生物機能科学や食品機能化学に関する高度な専門的知識と技術を有し、多方面から論理的に考察し、解決できる能力を有している。
2.応用生物科学分野の先端的、独創的な科学技術を応用して地域・国際社会に寄与できる基礎的能力および高い協調性と倫理性を有している。
3.諸課題の目的達成のため、創造性の高い研究計画をデザインし、調査研究を進める能力を有している。
4.取り組んだ調査研究から得られた情報を正確に解析し、客観的に理解してまとめる能力を有している。
5.英語の科学情報を検索・精読できる語学能力を有し、且つ高いコミュニケーション能力と論理的・客観的なプレゼンテーション能力を有している。


PAGE TOP