宮崎大学 産学・地域連携センター > 8/8 住吉フィールド公開講座「牛にさわって、トラクターに乗って、牧場を体験してみよう」を実施

活動報告

8/8 住吉フィールド公開講座「牛にさわって、トラクターに乗って、牧場を体験してみよう」を実施

 平成30年8月8日(水)、宮崎大学農学部住吉フィールドにて、小学生向けの公開講座「牛にさわって、トラクターに乗って、牧場を体験してみよう」を実施し、県内外の小学生14名が参加した。

 当日は炎天下の中、木陰にテーブルを出して熱中症防止の塩分補給飴や水分などをこまめに摂りながら、グループに分かれてトラクター操縦と牛舎での餌やりなどを体験した。

 技術職員付き添いの元、小学生が自ら運転席に座ってトラクターやホイルローダーの操縦体験をし、広い農場で思い思いに大きなトラクターを動かし、牧草反転作業機やホイルローダーのアームの操作も習っていた。また、牛舎では牛に触って餌やりをしたり、子牛にミルクをあげたりしていた。

 小学1年生から6年生まで、夏休みの思い出づくりに親子で参加し、子供たちは日ごろ学校生活ではできない体験を楽しんでいた。保護者からは、「昨年台風で日程変更になり参加できなかったため、今年参加できて子供も喜んでいた」、と住吉フィールド公開講座への関心の高さも伺えた。

 本講座は人気が高く抽選となっていたが、できるだけ多くの子供たちに参加してもらえるように、人数枠を増やしての開催を来年度に向けて検討していく予定としている。

          

         

ページトップへ