宮崎大学 産学・地域連携センター > 産学官連携における秘密情報管理

産学連携活動

産学官連携における秘密情報管理

宮崎大学では、企業等が安心して共同研究・受託研究を実施できるように、産学官連携における秘密情報管理体制を構築しております。
産学官連携における秘密情報管理ポリシー・管理規程・運用に関する要領は下記のとおりです。
  ➤  宮崎大学産学官連携における秘密情報管理ポリシー
  ➤  宮崎大学産学官連携における秘密情報管理規程
  ➤  宮崎大学産学官連携における秘密情報管理の運用に関する要領

※尚、上記ポリシー等については、平成31年2月1日以降の契約締結に関する共同研究・受託研究に適用します。

【秘密情報の区分】

宮崎大学では、産学官連携における秘密情報を 「(Confidential)」 「厳秘(Strict secret)」
機密(Top secret)」の3段階に区分します。

        ➤ 宮崎大学産学官連携における秘密情報管理規程・別表1

『 営業秘密とは? 』
営業秘密とは、公知になっておらず、権利者に経済的利益をもたらすことができ、実用性を備え、
かつ、権利者が秘密保持の措置を講じている技術情報、及び経営情報を言います。
以下に、不正競争防止法で定義される3要件を示します。

【秘密情報の管理方法】

  秘密情報は、重要度が高くなるにしたがって、管理水準を上げる必要があるため、「濃淡管理」を行います。制限や具体的な管理方法も、各区分毎に細かく設定し、管理を実行します。

【「確認書(企業等分)」の提出依頼の範囲】 

➤ 共同・受託研究の契約の相手方による提出範囲 (※複数契約も同様)
                    

 確認書は、原則として、共同研究・受託研究の申込書を提出する相手方のみから回収する。ただし、国の競争的資金等において、契約の相手方からの秘密情報の提供が明らかに行われない場合(資金提供のみ等)は、この限りではない。なお、契約の相手方とは別に当該研究において、コンソーシアム等を組織する場合の、連携機関や連携企業からは、確認書の提出は原則不要だが、秘密情報管理責任者が、秘密情報を管理する必要があると判断する場合は、秘密情報管理責任者の判断で、適切に管理する。

(例)競争的資金等(受託研究)に関する具体的なイメージ 

 

【様式等】
各種様式等は、下記のページからダウンロードして下さい。
(共同研究・受託研究申込時・変更時)
  ➤  確認書(研究代表者用) 別紙様式1
  ➤  確認書(企業等用)   別紙様式2

(発明届出時)
  ➤  確認書(研究代表者用) 別紙様式3


学生等に対するインフォームド・コンセント

宮崎大学では、共同研究・受託研究に参画する学生に対して、マニュアルに沿って、産学官連携における秘密情報についての「注意事項の説明」や「インフォームド・コンセント」を実施し、秘密情報の管理・徹底に努めます。

【様式等】
各種様式等は、下記のページからダウンロードして下さい。

手引(マニュアル)
研究室における産学官連携に関する注意事項説明チェックシート
➤ 同意書

ページトップへ