教授 内田 勝久

教授 内田 勝久

研究室の紹介

水圏生物生理学研究室

生命誕生から約38億年、海や河川などの水圏域にはほぼすべての動物門が生息しています。水棲動物における発生、成長、生殖や環境適応は、すべての種において個体の一生を通じた基本となる生命現象です。また、水棲動物が発生、成長、生殖を繰り返し、様々な環境に適応放散した背景には、神経系や内分泌系といった情報伝達系の進化と多様性が大きく寄与しています。

私たちの研究室では、生理学、内分泌学、機能形態学、発生学、分子生物学といった幅広い学術視点と研究手法を取り入れ、水棲動物における発生、成長、生殖、環境への適応機構を個体から分子レベルで総括的に理解することを目標に研究を進めています。多様な魚類や海産無脊椎動物においては、これらの生命現象は未だ謎に包まれた部分がたくさんあます。個々の研究成果を動物種レベルに留めることなく、系統進化的な視点も導入し、水棲動物全般における基本生命現象の多様性や普遍性の理解にも繋げたいと考えています。また、水圏に棲む動物には、水産資源として我々人間と深く関連する種もたくさん含まれています。水産動物の発生、成長、生殖や環境適応機構に関する基礎知見を、“水産資源を効率良く殖やし、育てる”こと、つまり、基礎成果を水産増養殖分野へ応用展開する取り組みも進めています。(参考:のうがく図鑑第17巻、海で育んだ巨大ヤマメ,https://www.miyazaki-u.ac.jp/agr/zukan/20170327_kaiyou.html

主な研究テーマ

広塩性魚類であるサケ科魚類の浸透圧調節機構の理解

魚類の体成長や栄養代謝における内分泌因子の機能の理解

軟骨魚類・トラザメにおける生殖内分泌ホルモンの単離とその機能解析

軟骨魚類・トラザメの卵殻形成、産卵、初期発生、孵化に関する基礎研究

最古の脊椎動物・ヌタウナギにおける下垂体ホルモンの同定と機能の理解

人工種苗カンパチの早期成長促進技術の開発

みやざきサクラマスの効率的生産体制の構築に向けた技術開発

環境因子(光、温度)を用いた魚類の成長、銀化、成熟促進技術の開発

研究室の活動

教員のプロフィール

教授 内田 勝久 教授 内田 勝久

研究室:水圏生物生理学研究室

研究室番号:S404

e-mail : k-uchidaメールアドレスにこの部分を追加

1. 経歴

出生地 和歌山県

1992年03月 富山大学 理学部生物学科 卒業

1994年03月 富山大学 大学院理学研究科 修士課程修了

1997年03月 東京大学 大学院理学系研究科 博士課程修了(東京大学 海洋研究所)

1997年04月 日本学術振興会 特別研究員(東京大学 海洋研究所)

2000年04月 日本学術振興会 海外特別研究員(ハワイ大学 海洋生物学研究所)

2001年10月 理化学研究所 発生再生科学総合研究センター 研究員

2004年06月 新潟大学 理学部附属臨海実験所 助教

2010年04月 宮崎大学農学部 准教授

2016年04月 宮崎大学農学部 教授(現在に至る)

2. 学位

理学博士

3. 所属学会

日本動物学会、日本比較内分泌学会、日本水産学会

4. 担当授業科目

水域生物生理学(以上主担当)、海洋生物遺伝学、海洋生物分類学、海洋生物学実習、水族生理学実験、水族生産学体験講座、基礎動物学(以上分担)など

5. 著書

『動物学の百科事典』第8章(動物の内分泌),内分泌機構の進化   丸善出版(株) 近日中に刊行予定.

6. 学会誌
(*は責任著者)
  1. Kawajiri M., Uchida K., Chiba H., Moriyama S., Yamahira K.Variation in the ontogeny of sex steroid levels between latitudinal populations of the medaka. Zoological Letters, DOI: 10.1186/s40851-015-0032-1.2015.
  2. Furukawa F., Tseng Y.C., Liu S.T., Chou Y.L., Lin C.C., Sung P.H., Uchida K., Lin L.Y., Hwang P.P. Induction of Phosphoenolpyruvate Carboxykinase (PEPCK) during Acute Acidosis and Its Role in Acid Secretion by V-ATPase-Expressing Ionocytes. International Journal of Biological Science, Vol. 11: 712 – 725. 2015.
  3. Nishiyama M., Uchida K., Abe N., Nozaki M. Molecular cloning of cytochrome P450 side-chain cleavage and changes in its mRNA expression during gonadal development of brown hagfish, Paramyxine atami. Gen. Comp. Endocrinol. 212: 1–9. 2014.
  4. Uchida K., Moriyama S., Chiba H., Simotani T., Honda K., Miki M., Takahashi A., Sower S.A., Nozaki M. Evolutionary origin of a functional gonadotropin in the pituitary of the most primitive vertebrate, hagfish. Proc. Nat. Acad. Sci. USA 107: 15832-15837 2010.
  5. Furukawa F., Watanabe S., Kaneko T., Uchida K. Changes in gene expression levels of somatolactin in the pituitary and morphology of gill mitochondria-rich cells in Mozambique tilapia after transfer to acidic freshwater (pH 3.5). General and Comparative Endocrinology. in press. 2010.
  6. Uchida K., Moriyama, S., Breves J.P., Fox B.K., Pierce A. L., Borski R.J., Hirano, T. and Grau E.G. cDNA cloning and isolation of somatolactin in Mozambique tilapia and effects of seawater acclimation, confinement stress, and fasting on its pituitary expression. General and Comparative Endocrinology. 161: 162-170. 2009.
  7. Sameh M. S., Uchida K., Hirano T., Grau E.G., Abdelfattah A. and Nozaki M. Effects of environmental salinity on somatic growth and growth hormone/insulin-like growth factor-I axis in juvenile tilapia, Oreochromis mossambicus. Fisheries Science 73: 1025-1034. 2007.
  8. Nagashima H., Kuraku S., Uchida K., Kawashima-Ohya Y., Narita Y. and Kuratani S. On the carapacial ridge in the turtle embryo: its developmental origin, function and the chelonian body plan. Development 134: 2219-2226. 2007.

(他34篇)

7. 紀要等
  1. Kurihara T., Uchida K., Shimotani T. and Matsuoka A. Radiolarian faunal characteristics in surface-subsurface waters of the Japan Sea off Tassha, Sado Island, central Japan in June 2007: inflowing radiolarians on the Tsushima Warm Current. Science Reports of Niigata University (Geology), 23: 65-74. 2008.
  2. Kurihara T., Uchida K., Shimotani S. and Matsuoka A. Radiolarian faunas and water properties in surface and subsurface waters of the Japan Sea in September 2005 off Tassha, Sado Island, central Japan. Science Reports of Niigata University (Geology), 22: 35-42. 2007.

(他4篇 )

8. 一般雑誌等
  1. 内田勝久,松本昌弘,兵藤晋,渡邊太郎,香川浩彦.“トラザメにおける視床下部-下垂体-生殖腺系とその機能遺伝子探索”. 比較内分泌学, 40: 83-85.
  2. 内田勝久.“最も原始的な脊椎動物・ヌタウナギの下垂体から単離された生殖腺刺激ホルモンとその進化的起源”.比較内分泌学, 37: 32-36.
  3. 内田勝久.“モザンビークティラピアにおけるソマトラクチンの単離と海水馴致、ストレス、絶食条件下における遺伝子発現動態” 比較内分泌学, Vol. 35: 296-299. 2009.
  4. 内田勝久.“シロザケの回遊と浸透圧調節 -鰓の塩類細胞の機能分化と内分泌系による調節”.海洋と生物 特集“サケの生理学”,生物研究社、13-21. 2006.
  5. 内田勝久.“ヤツメウナギの下垂体発生とその進化”.月刊海洋 特集“境界動物の生物学-脊椎動物への進化の研究最前線-”,海洋出版、200-207.2005.

(他6篇)

9. 発表・講演
(*は発表者)
  1. Identification of three glycoprotein hormones from the pituitary gland of cloudy catshark, Scyliorhinus torazame. (8th International Symposium of Fish Endocrinology, Gothenburg, Sweden). Uchida K. Inoue N. Yokoyama Y. Uchida Y. Hyodo S. Kagawa H. 2016.
  2. トラザメの下垂体から同定した3種類の糖タンパク質ホルモン遺伝子.(軟骨魚類研究会-Shark in Tree: Phyloinformatic Challenges in Life Science,神戸市),内田勝久, 井上夏紀, 横山裕麻, 兵藤晋, 渡邊太郎, 香川浩彦.【招待講演】.
  3. 宮崎サクラマスの創出‐冬季に温暖海水を利用して五ヶ瀬ヤマメを育む.(平成26年度日本水産学会九州支部シンポジウム「九州における攻めの水産業(戦略的養殖業)の現状と将来」,宮崎市),内田勝久.【招待講演】.
  4. Morphological and molecular approaches on pituitary gland of the cloudy catshark, Scyliorhinus torazame. (7th Intercongress Symposium of the Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology,Keelung,Taiwan).  Uchida K., Hyodo S., Watanabe T., Kagawa H. 2014.
  5. Expression of a recombinant glycoprotein hormone and its biological activities in most primitive vertebrates, hagfish Paramyxine atami. (17th International Congress on Comparative Endocrinology, Barcelona, Spain).  Uchida K., Nishiyama M., Moriyama S., Nozaki M. 2013.
  6. トラザメにおける視床下部-下垂体-生殖腺系とその機能遺伝子探索.(第38回日本比較内分泌学会サテライトシンポジウム,「サメ類の生理学研究の現状と展望」,宮崎市),内田勝久, 松本昌弘, 兵藤 晋, 渡邊太郎, 香川浩彦. 【招待講演】.
  7. The evolutionary origin of a functional gonadotropin in the pituitary of the most primitive vertebrate, hagfish. (9th International Symposium on Reproductive Physiology of Fish, India). Uchida K., Moriyama S., Sower S.A., Nozaki M. 【招待講演】.

(2010年以前 省略)

11. 学内外の活動

日本比較内分泌学会 幹事ならびに学術企画委員(2017年より)

日本動物学会宮崎支部長(2016年より)

第38回日本比較内分泌学会宮崎大会 大会実行委員(2013年)

宮崎県内水面漁場管理委員ならびに延岡市水産振興委員など(2016年より)

13. 外部資金

【科学研究費補助金】

基盤研究(C)(代表)課題名:サメ類の繁殖内分泌機構の分子基盤の構築と人為産卵促進技術への応用,平成31-29年度.

基盤研究(C)(分担)課題名:光受容器官としての血嚢体の生理機能解明によるニホンウナギの新規成熟誘起技術の開発,平成30-28年度.

基盤研究(B)(分担) 課題名:サケ科魚類の新しい成長・ストレス診断法の開発と海面養殖への応用,平成31-28年度.

基盤研究(C)(代表)課題名:原始脊椎動物における視床下部-下垂体制御機構の理解とその進化的基盤を探る,平成27-25年度.

基盤研究(B)(分担) 課題名:次世代シーケンサーを用いたサメ類の繁殖生理機構の解明と応用に向けた実践と発信,平成28-25年度.

基盤研究(B)(分担) 課題名:アワビの成長および再生に関与する生理活性ペプチドの同定と調節機構の解明,平成25-23年度.

基盤研究(C)(代表) 課題名:ヌタウナギ類における生殖腺の機能分化と内分泌系による制御機構の理解. 平成24-22年度.

(平成21年以前 省略 他4件)

【その他の競争的資金】(研究代表となる課題のみ)

宮崎県産業振興機構「産学官共同研究開発支援事業(事業可能性調査)」課題名:養殖生産に対応した特定波長光照射装置の開発と生産効率化の実現に向けた可能性試験,平成29年度.

科学技術振興機構マッチングプランナープログラム「企業ニーズ解決型試験」課題名:光波長ならびにサケ成長ホルモンによる「みやざきサクラマス」の海面養殖生産の高効率化,平成28年度.

(平成16年度以前 省略 他6件)