MENU

ローカリズム論

  • 公務員・教員
  • 後期
  • 単位数:2
ローカリズム論

授業のねらい

日本全体の人口減少が続く中で国・地方をあげて地方創生の取組が進められているが、若者の都市部への集中及び富の偏在は逆に加速している状況にある。さらに現在のコロナ禍は、日本、世界の社会・経済に大きな影響を与え続けており、この困難な状況を乗り越え、ポストコロナ、ウイズコロナの新しい社会像を描くためには、地方や地域からの独自性のある新しい目線が極めて重要である。
本講義においては、都市と地方の関係の変化やその中で顕在化している課題、世界的な潮流やローカリズムに関する新しい動き、ローカルの有する真の価値に関する理念等を学ぶとともに、県内外で活躍している、企業経営者、作家、公務員、地域づくりリーダー、ソーシャルビジネス実践者等による活動理念や実践の報告とクロストーク、受講生も交えたワークショップ等により、多様な視点と深い探索力を磨く。
この学びを通じて、世界的な視野を持つとともに現場で起きている事象を十分に理解し、地域主導の経済の構築、若者にとって魅力的な街づくり、豊かで個性的な文化の構築等を生み出す、つまり地域をデザインする上で必要なイノベーションを創出していくための、基本的な視座と実践のありようを身に付けることを目標とする。

担当教員

画像

永山 英也

所属:宮崎大学 産学・地域連携センター
専門:地方行政、公共政策論

授業計画

本課目は原則、対面型講義(後期/火曜3-4限)にて実施します。
宮崎大学生以外の受講生は、オンデマンドでの配信講義となります。
第14-15回は、対面型集中講義形式で土曜日、または日曜日に実施予定です。

第1回 10月4日(火) オリエンテーション:ローカリゼーション論の概要
第2回 10月18日(火) 都市と地方の関係の変化を考える
第3回 10月25日(火) 「中山間地域に生きる~その魅力を語る」:美郷町・山師・今西猛氏による講演とトークセッション
第4回 11月1日(火) 「民俗学の世界から地方を考える」:宮崎大学 地域資源創成学部・鈴木良幸先生による講演とトークセッション
第5回 11月8日(火) 「中山間地域に新しい価値を創る」:椎葉村・ミミスマス代表・上野諒氏による講演とトークセッション
第6回 11月15日(火) 世界の潮流を学ぶ:SDGs等から世界の課題と動きを考える
第7回 11月22日(火) 「九州の視点からの挑戦」:一平ホールディングス社長・村岡浩司氏による講演とトークセッション
第8回 11月29日(火) 「作家の目線で考えるローカリズム」:東京在住・作家・高山文彦氏による講演とトークセッション
第9回 12月6日(火) 「世界のローカリゼーションの動き」:トットネス、ドイツのエネルギーヴェンデ、ポートランド、スローフード等
第10回 12月13日(火) 内山節の「里という思想」を読む
第11回 12月20日(火) 「全国の地方の様々な動きを知る」:神奈川県理事・よんなな会発起人・脇雅昭氏による講演とトークセッション
第12回 1月10日(火) 地域主導の経済を導く
第13回 1月17日(火) 真の地方創生を考える
第14-15回 1月21日(土) 13:30-16:45 集中講義(ローカルの価値を考えるワークショップ)

文献・教材

講義の際に、講師などが資料を配布する

達成目標

本科目は、以下の能力を養成することを目標とする。
1) 新しい「ローカリズム論」の理解・構築
2) 地域主導の経済や、地域・地方の新しい生活を提案する思考力、創造力、提案力
3) 国内外の関係者との連携関係を構築するネットワーク力、コミュニケーション力

成績評価方法・基準

成績評価基準
ミニレポート および 最終レポートの合計で評価する

実施内容
ミニレポート(30%):講義等の後、講義内容、書簡など指示に基づき簡潔にまとめる
最終レポート(70%):ローカリズムについてテーマを定め考え方、提案をまとめる

関連する授業科目

前期:地域キャリアデザイン、後期:地域産業入門を含む「みやざき産業人材育成教育プログラム」で提供する科目

履修上の注意

本科目は「みやざき産業人材認定証」を取得するため受講・単位取得が必要な科目の1つである。
講義は原則、対面形式で実施する。特別聴講学生は第1-13回をオンデマンド形式で実施する。
第14-15回は、集中講義形式で土曜日または日曜日等に実施する。
集中講義については日程の変更、追加の可能性がある。
単位修得には、集中講義形式の第14回、第15回講義出席が必須となります。

受講に関する情報を随時お知らせしますので、大学が実施するアナウンス(メールなど)に注意して下さい。

新型コロナウイルスの影響により、やむを得ず、授業の実施方法(試験を実施する科目は、試験方法、日時等も該当)等を変更する可能性がありますので、注意してください。

宮崎大学地域教育プログラムに
ついてのお問い合わせ

TEL.0985-58-7250

宮崎大学 学び・学生支援機構 地域人材部門
Capa+〔キャパタス〕

〒889-2192
宮崎市学園木花台西1丁目1番地(大学会館3F)

Capa+ウェブサイトはこちら